苦楽時雨つれづれ草紙~

本音でトーク
ニュース・文学・政治・経済破り読み!
フリーライター・三文コラムニストの夢前孝行です。

兵庫県現代詩協会のアンソロジーに載せる詩 その1

2016年12月24日 17時51分26秒 | 日記
            駐車場で眠っていると


今日は昨夜眠り水を飲んで寝たにもかかわらず
朝しゃんと起きられなかった
眠り水の効果なんて実際はないのだ
ただ気分の問題だ
もう飲むのを止めようかと思いながら
ジムに向かっていた
3分の2ほど来たところで猛烈な眠気がして
近くの食品スーパーの駐車場にクルマを止めて
眠ることにした
いつもの時間にジムには行けないが
しようがないと諦めて
座席を倒して眠った
眠っているのにジムに向かって走っている夢を見ていた
そして気が遠くなっていった
よく寝たと思い時計を見ると
十分ほど眠っていた
気分もスッキリしてクルマのエンジンを掛け
いざジムに向かおうとして
当たりを見渡せば駐車場は駐車場だが
ここはジムの駐車場だ
おかしいな
ぼくは食品スーパーの駐車場で仮眠を取ったはずだ
なのにジムの駐車場に止まっている
           二〇一六年五月二十七日
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ショートストーリー 食べき... | トップ | 兵庫県現代詩協会のアンソロ... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事