夢前孝行の~苦楽時雨つれづれ草紙~

本音でトーク!
ニュース・文学 政治経済破り読み!
フリーライター・三文コラムニストの夢前孝行です。

真実を嘘のように書く

2017年05月18日 19時49分31秒 | 日記
たいていの人は嘘を真実のように言って
人を騙すが
それは外道であって

やはり王道は
真実を如何に嘘のように言ったり書くかによって
その人の人間像が見えてくる。

見栄をはる奴も多い。
見栄ほど醜いものはない。

見栄は自分をより高くて
よりよく見せようとするので
自分は満足かも知れないが
端から見ていると見苦しい。

私のように一介のブロガーだと
なおさらだ。
如何に真実を嘘のように書いて
自分で自分を外敵から守らないと
誰も守ってくれない。

その一番手っ取り早い方法が
真実を嘘のように言ったり
書いたりすることだ。

そのことによって
自分も気が楽になれるし
外敵から身を守れる。

嘘のことを事実かのように言うと
疲れる。
いつもビクビクしていなくてはならない。

世の中には真実のことを
ストレートに真実であるという人も多くいるし
嘘を真実かのように吹聴する人も多い。

真実を真実だと言えば
相手を傷つけることもあるし
自分も傷つくことになる。

嘘を真実かのように言うと
自分が疲れし
バレれば相手は怒り出す。
こういう場合バレることが多い。

やっぱり真実は嘘のように書くのが
一番ベターの方法だ
誰も傷つかなくて済むから
勿論自分も傷つかない。

仕事文具
クリエーター情報なし
東洋経済新報社
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 最悪の日と最良の日 | トップ | 負けるときはキレイに負けて! »
最近の画像もっと見る

あわせて読む