苦楽時雨つれづれ草紙~

本音でトーク
ニュース・文学・政治・経済破り読み!
フリーライター・三文コラムニストの夢前孝行です。

兵庫県現代詩協会のアンソロジーに載せる詩 その2

2016年12月24日 17時55分02秒 | 日記
                水の帽子をかぶると

水の野球帽子をかぶると
何だかメジャーリーガーになったようで
ニューヨークのヤンキースタジアムで
相手チームの打者から
バッタバッタの三振の山を築き
ノーヒットノーランを達成し
ピンクがかった鋼鉄のリンゴの気分になれるよ

水のベレー帽をかぶると
何だか手塚治虫になったようで
鉄腕アトムのように
宇宙を飛び回り
弱きを助け悪をやっつける
愉快な焼き芋のような気分になれるよ

水の鳥打ち帽子をかぶると
何だか画家のダリのような気分になって
大きなカンバスに向かって
砂漠に緑の絵の具を塗るだけで
たちまち緑化したゴビ砂漠が地図上に出現する
画家のような気分になれるよ

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 兵庫県現代詩協会のアンソロ... | トップ | 正月1,2,3,4日と東京に行く »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事