ぱんや店ちょ~の「兵庫県神社巡り」セカンド。

兵庫県に約9000ある神社を巡ってます。

「小さな神社」を「すくいとる」ように丁寧に巡っていきたいと思ってます。

名草神社

2017-05-20 16:52:53 | 日記
養父市八鹿町石原1755-6にあります「名草神社」です。


「豊岡市」に向かうR312八鹿市内沿いに、大きな看板に「名草神社 15キロ」と書いてあるのを通るたびに気になってはいました。


向かいます。


だんだん山の中に入っていきます。「冬季」はこの道「通行不能」です。
「通行止め」じゃないです。

路肩に「雪❄」残ってます。


「養父市役所」あたりから、30分ぐらいで着きました。


「社号標」です。ちょうど「養父市役所」の職員さんが、「木が倒れてる」のを撤去しに来ていまして、少しお話しさせていただきました。


参道入り口に「境内社」あります。

「参道」入ります。


「雪❄」残ってます。


だんだん「三重塔」見えてきました。






国指定建造物「三重塔」です。

標高800メートル、日本一高いところにある「三重塔」です。

この塔は「出雲大社」の境内に出雲国主・尼子経久が願主となって、大永7年(1527)に健立したものです。

「妙見社」が「出雲大社本殿」の柱に「妙見杉」を提供した縁によって、「出雲大社」から「三重塔」を譲り受けました。


明治37年に国宝に指定され、昭和25年、現在の文化保護法によって「国指定文化財」になりました。


「雪❄」残ってる道を「境内」に進んで行きます。

「階段」上ります。

たしか「階段途中」に「木製の鳥居」あるはずですが無いです。

この後、「鳥居」が無い理由がわかります。

「雪❄」に埋もれてる「社務所」です。


「鳥居」が無い「理由」、「境内建物」工事中です。

「改修工事」でしょうか?

なかなか「工事中」の「神社」に出会うことは珍しいです。



以前「加古川」のある神社で「改修工事中」に出会ったことあります。

あの時は「随身門」だけだったと思います。

「境内建物」工事は初めてです。

「随身門」工事中です。

「狛犬」工事中です。

「本殿」工事中です。


「境内社」です。




「妙見山」の八合目にあり、細い山道を通って行くので、不便な場所にありますが、「三重塔」は拝見する価値はあると思います。


この神社の主祭神は「名草彦命 ナグサヒコノミコト」です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 諏訪神社 | トップ | 小佐住吉神社 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。