ぱんや店ちょ~の「兵庫県神社巡り」セカンド。

兵庫県に約9000ある神社を巡ってます。

「小さな神社」を「すくいとる」ように丁寧に巡っていきたいと思ってます。

天神一之宮神社

2017-05-14 17:18:35 | 日記
加東市天神601にあります「天神一之宮神社」です。





「鳥居」「社号標」です。


「手水舎」です。

「随身門」です。今回も中の方、誰かわかりません。

「境内」入ります。


「狛犬」です。


「拝殿」です。

「本殿」です。

「稲荷社」です。

「境内社」です。

「舞殿」です。



創立年不詳。

和銅7年(714)頃成立の「播磨国風土記・端鹿の里」に記述ある由縁の神社です。

神社の由緒によると、「スサノオノミコト」が高天原から出雲国に天降り(2世紀後半)、諸国を巡見の際、当地で休憩した事により「スサノオノミコト」を奉祀しました。

その後、10代崇神天皇の御代(3世紀後半)に、大国主命と事代主命を合祀しました。

中世には、「一之宮牛頭天王」として繁栄し信仰の中心になりました。

現在の社殿は「1714年」に再建されました。

明治7年2月、村社に列せられる。


この神社の主祭神は「スサノオノミコト」です。

「スサノオノミコト」は出雲の国で「やまたのおろち」を退治した荒ぶる神様です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 埼鹿谷大歳神社 | トップ | 岩屋八幡神社 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事