ぱんや店ちょ~の「兵庫県神社巡り」セカンド。

兵庫県に約9000ある神社を巡ってます。

「小さな神社」を「すくいとる」ように丁寧に巡っていきたいと思ってます。

産霊神社

2017-06-22 16:27:23 | 日記
宍粟市一宮町東市場1093にあります「産霊神社」です。

「宮山の秋葉さん」とも呼ばれています。




上っていきます。


「鳥居」です。

「手水舎」です。





「本殿」です。


創立年不詳ですが、明徳(1390)の頃、赤松氏が宮前に「岡城」を築いたときには既にあったそうです。

明治時代に国策に従い、東市場村の八つの神社と須行名村の六つの神社を合祀しました。また、大正年間には、「伊和村大清水」の火塊神社をご神託に従い合祀しました。これにより、一円に流行していた伝染病が鎮まったと言い伝えられてます。

この神社の主祭神は「イハサクノカミ」です。


「イハサクノカミ」は、古事記の神産みの段で、「イザナギ」が十拳剣で、妻の「イザナミ」の死因となった「火神カグツチ」の首を斬ったとき、剣の先についた血が岩について化生した神です。



この神社の動画、インスタグラム「ぱんや てんちょう」にて投稿しています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 伊和神社 | トップ | 鬼門大荒神社 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。