瑞樹が知ってる面白い話

おばさんブログ

NTTの光ファイバーを利用したデータ

2017-05-16 05:57:15 | 日記
NTTの光ファイバーを利用したデータ通信回線であるフレッツ光は、一流企業のNTTの回線だけあってエリアの広さや通信速度もハイクオリティなサービスを提示しています。別の会社も料金などで対抗しており、大きな違いがなくなってきていますが、ご高齢の方たちからするとNTTが安泰だと思う人が大半だと思います。プロバイダを決める際、利用する期間を一定期間掲げているプロバイダが数多くあります。キャンペーン特典だけ貰って、すぐに契約解除されたり、他のプロバイダに変更されないように違約金を掲げているのです。万が一、途中で解約をする時には、違約金に関してよく確認を取ってから手続きを行うことにした方がいいでしょう。wimaxの回線は、家の外でも使えるのは便利なのですが、固定回線と比較すると、遅くなります。動画などを閲覧すると、コマ送りになったり、カクカク見えたりすることもたくさんあります。都心部以外は未対応のエリアもけっこうあります。使う前に、使用する場所の確認が必要です。PCやタブレットなどの端末をネットに接続するためのWi-Fiルーター替わりにスマートフォンを使用することをテザリングと呼んでいます。ワイモバイルでは、ソフトバンクと同様にただでテザリングオプションを利用できてしまいます。ただし、使用するに当たっては月間契約しているデータ通信量を超過しないように注意する必要があるんです。フレッツwi-fiが繋がらない場合には、一回すべての機器の電源を消していちから接続し直してみると良いかもしれません。それでも接続ができない場合には、設定から改めて見直してみます。カスタマーサービスに聞いてみれば親切に説明してくれますが、あまり繋がらないのがネックです。フレッツの通信速度が遅い理由として、まず考え付くのは、少しの間だけネットワークが込み合っていたり、見ようとしているサイトへのアクセスが集中しまくっていたりというようなことです。その理由で、一時的に遅いだけというなら、ある程度時間をおけば改善する場合もあります。プロバイダの速さに関してですが、大方の人はインターネットを使った閲覧、データのダウンロードというようなことで主に使用していると思いますので、下りの速度が重要なのではと思うのです。ネット上でのHP閲覧程度であれば、そこまでのスピードの速さがなくてもまず問題なく使えると思います。プロバイダを選ぶ時には前もって評判を下調べしておくのが確実だと思います。プロバイダを決めるうえで重要なのは安定した接続が行えるか、安定した速度なのかといったことですから、きっちりと確認してください。また地域によっても多少は違いがありますので、ご自分の暮らしておられる地域の情報などもチェックすると良いです。光回線でインターネットをすることで、Youtubeをはじめ動画サイトもノンストレスで閲覧が可能になると思われます。回線が遅いものだと動画が途切れてしまったり、重めのファイルを送信するのに多くの時間が必要ですので、光のような高速回線が快適です。イーモバイルを使っていて意図しないうちに、ワイモバイルに変更していました。でも、ワイモバイルに変えてから、ソフトバンクのwifiスポットができる様になりました。利用心地としては、ワイモバイルになった今の方がいいと感じます。電話をあまり使用せず、パソコン中心に使っている方にはお得です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« NTTの光ファイバーを利用した... | トップ | NTTの光ファイバーを利用した... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。