ダメだ、押して歩こう。

チャリ・キャンプ・将棋・ハープ、あらゆる愚行とため息

残酷で贅沢な見世物

2017-05-14 23:58:29 | 将棋とか

デビュー以来連勝を続けている中学生棋士・藤井聡太四段がNHK杯で千田翔太六段と当たった。
これは必見よね。
だって、藤井がデビューするまで、千田こそが若手の中で最も先鋭的な存在だったのだから。

結果は藤井勝ち。
千田優勢と見えたが、選択肢の多い局面に誘導され、結局斬られた。
感想戦の千田の屈辱にまみれた表情が、ひどい言い方だが、たまらない。

一人の天才の出現は、それまでの俊英たちの価値を一瞬で無化する。
羽生が55年組を屠ったように。
どうする千田。豊島は、渡辺はどうなる。
やっぱり、たまらん。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 辿り来て上州屋 | トップ | アイ・アム・ザ・東京湾 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。