あなたの本の世界を変えましょう!

板宿の書店主から見た、本・まち・環境を語ります!

阪神なんば線乗車

2009-03-21 18:53:29 | 家族

 大阪市此花区にある我が実家を一家で昨日訪れました。長男、次男の合格祝いを兼ね、お祝いそのものを息子たちが戴きにあがった形になりました。

 実家に帰る時は、板宿から梅田行き阪神特急に乗車し、尼崎で阪神西大阪線に乗り換え西九条で下車するパターンでした。しかし、昨日は、開通した当日の、阪神なんば線の三宮発近鉄奈良行きの快速急行に乗車しました。近鉄の車両に阪神三宮駅で乗る、なんとも変な気持でした。出発までに10数分待ち、尼崎駅では車両連結のためにまたしても数分待ち、結局3台の阪神特急に抜かれるという失態でした。

 「これやったら特急の方が良かったなぁ。三宮以西からやったら関係なしやなぁ。」

 確かに今までは西九条で終点だったために、西大阪線の乗車率は滅茶苦茶低い状態でしたが、昨日は打って変った世界にいる感じでした。西九条の駅もリニューアルされ、故郷の駅もなんや真新しくなり、けったいな気がしました。

 今度は、東大阪の石切に住むおばさんの家に直行しましょうか?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

交響曲第一番

2009-03-21 17:54:21 | 

 全聾の天才作曲家・佐村河内守氏。広島生まれで、被爆二世。四歳から母親によるピアノの厳格なまでの英才教育を経て、作曲家になろうと独学した高校時代から原因不明の身体の変調が彼を襲います。現在に至るまでの症状は、頭鳴症、偏頭痛、耳鳴り、全聾、腱鞘炎、左薬指機能不全、それらが重なり合ってパニック症候群にまで至り、精神にも病の魔力が襲っています。さらには愛すべき弟の死。自らの命を絶つことも数度、しかし、彼には生きる使命がありました。

それは

「私が追い求める真実の音『闇の音』を得るために九十九を捨てる。私には音楽しかない」

ということでした。

仏教に帰依し、ストイックなまでの菜食主義を守り、そして道路清掃のアルバイトの仲間の熱い友情や障害者施設の子どもたちのたくさんな笑顔に援けられ、彼の作曲家人生を歩んでいます。全聾になり、ベートーベンの「月光」のメロディを頭の中に流し、その旋律を五線紙に記譜し、本物の楽譜と照合すると完璧な結果を得られた場面には大いなる感動を得ました。

 

「苦しみ闘う人々の支えになる音楽・・・それは誰よりも苦しみ闘った者の手からしか決して生まれないのだ!」という闇からの離脱、

そして、

「人は闇に堕ちて初めて、小さな光に気づくのでしょう。闇は、痛みと悲しみと狂気にあふれた、生きにくい『深淵の地』です。しかし、闇はその圧倒的な暗さゆえに、小さな光にすら敏感になれる唯一の地でもあるのです。」

という境地に立つ彼の姿は天才芸術家としか考えられません。

 

 本書をお読みになり、実際に彼の音楽に触れていただきたい。私はベートーベンの復活と信じています。(佐村河内守著、講談社、定価1680円[税込]

コメント (92)
この記事をはてなブックマークに追加

飛松中学校卒業式

2009-03-11 18:47:24 | PTA

  昨夜は中小企業家同友会西神戸支部の運営委員会がありましたが、直帰しました。その訳は今日にありました。運営委員の仲間からケイタイに懇親会への参加のお電話があったのですが、それを確認したのは今朝でした。誠に申し訳ござらぬが、それにも出席できない理由がありました。

 

 今日は次男坊の卒業式でした。夫婦で出席はしましたが、私自身はPTA会長なので来賓席に座らなければなりません。こういう場合はPTA会長の祝辞が付きもの。しかしながら、全く準備をしていなかったので、昨夜は遅くまで何を語るか考え、風呂に入っても頭の中を整理して、内容を吟味して、リーハーサルを何度も重ねました。

 風呂から上がり、次男坊が寝てからも一人練習は続けましたが、睡魔が襲って来たため、就寝。なるようにしかならんと開き直りでした。

 

 さて、本番。「保護者として、また30数年前の同じ中学校生活を送った人間として、飛松中学校のカリキュラムで羨ましいと感じるのは、トライやるウィークのあとの立志の集いです。」

 人間、何のために生きるのかを考える機会を持つのは大切なことです。それを実際に1週間とは言え職場体験を終えた後で考えることができるのは大変有意義なことですよね。

 

 「斯く言う私が生きる目的を持ったのは、恥ずかしながら10数年前、今の職業に就いてからでした。それまでは何となく生きてきたと思います。確かに2度ほど目指す道を考えたことがありました。1度目は私の祖父に憧れたこと。70年前に大阪-ボンベイ航路の船長だった祖父の遺影は今も実家の仏間に飾られています。明治生まれの薩摩隼人。その凛々しさに尊敬の念さえ持ちました。2度目は高校時代の日本史の先生。彼のユニークな教え方、日本の歴史の見方に興味を覚えましたが、その2つの夢は儚く消え、何となく大学に入り、何となく就職してきました。」

 書店について、会社の経営理念を考える中で、書籍を販売することによって感動を伝えたい、感動伝達人になりたい! という目的を持ったわけです。

 

 「何のためにを考える上で、大きなヒントを与えてもらいました。それは時間と空間の見方です。時間の0の位置は『今』。空間の0の位置は『ここ』もしくは『自分』です。時間が『今』から離れると、『明日』『1年後』『10年後』『将来』『未来』と限りなく拡がってきます。また、空間も『家族』『学校』『地域』『神戸』『日本』『地球』『宇宙』にまで到達します。

 0の地点ばかりを考えると自己中心的になり、欲深くなる、客観的にみるとギラギラした感じですね。しかし、未来の日本、地球のことを考えると欲も少なくなり、傍から見ると、ギラギラの濁点が落ちて、キラキラした存在になるでしょう。どちらがいいかは明解ですね。」

 このあたりから、練習量の少ないのが原因なのか、噛み始めました。トホホ。このキラキラの例として、ペットボトルのキャップの回収の話をするはずでしたが、記憶から飛んでいました。残念・・・。

 

 「私にとっては、『憧れの人を持つ』、『何のためにを常に考える』、そして『キラキラの存在になる』という3つのものさしを持って生きています。あなたたちも成長する中で、あなた自身のものさしを掴んでください。自ずと生きる目的が行動としてあらわれるように。」

 

 これで、会長の大役の一つをやり遂げました。あとは来月の入学式だけです。今晩は、昨日購入させてもらった「赤 奥播磨」をゆっくりとでも飲ませていただきます。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

祝杯

2009-03-10 09:26:15 | 家族

 長男坊と次男坊の合格祝いならびにご苦労さん会を催しました。場所は三宮・宗八さん。この店のご夫妻の出身高校が長男と一緒なので、一度一家でお邪魔したいと考えていました。

 「おめでとう」

 「模試の結果ではD判定、E判定(合格率が20%程度)やったから、おまえだけは危ないと塾の先生に言われていたんや。ギャンブラーだのメイク・ミラクルだのさんざん言われてしもた。」と長男。

 「終わりよければすべて良し」とはまさにこのことです。美味しい料理-何をおいても、のどぐろの一夜干しだけは注文すると決心していました-を4人でいただき、お店の方々も心から祝ってくれて幸せな気分で帰路につきました。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

あっぱれ!長男坊

2009-03-09 12:38:48 | 家族

 今日は国立大学の発表日。結果がいずれであっても携帯に電話することを約束して出掛けた長男。そして、10時30分ごろ着信。

「おめでとう」

「ありがとう」

「ほんまに通ったん?」

「通ったでぇ。」

「すごい!あっぱれ!良かったなぁ。今晩は祝杯やでぇ!」

と言っても飲めるのは大人だけ。皆さんのおかげで好(幸)結果になりました。ありがとうございます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あの「おくりびと」の出発点

2009-03-08 17:51:21 | 

  「おくりびと」がアカデミー賞外国語映画賞を受賞しました。主演の本木雅弘さんが「おくりびと」に導いてくれた本として、藤原新也著の

メメント・モリ 死を想え

を「いきいき」3月号にあげられていました。この記事は若林先生からいただきました。

  日常ではなかなか「死」を想うことがありません。絶対元気なんだ、病気なんてしないんだと思って毎日過ごしています。しかし、現代人が「死」を前提にして生きていないことがすべての誤りであると、藤原氏は書いています。インドでの生々しい写真と胸にグザリとくる詩は、あなたの「死」へのイメージをきっと変えてくれます。

  私がこの本の感想を以前に書きました。それをお読みになっていただければ幸いです。

http://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000006811567&Action_id=121&Sza_id=HH

  昨年、新版になって再登場の本書は日本人にとっての「死」に対する名著。是非お読みいただきたいと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第2回記念植樹祭1週間前

2009-03-08 16:44:58 | 里山

 今日の午前中は里山整備に行きました。第2回記念植樹祭を来週日曜日に控え、最後の整備を行いました。植樹場所の決定(竹支柱の打ち込み)ならびに20数枚のどんごろすの敷き詰めと行い、準備も万端に近くなりました。

 昨日、前川企画印刷の板宿在住の社員さんが植樹祭の申込用紙を、ペットボトルのキャップと一緒に持って来ていただけました。「子どもも一緒に連れて行って、毎年育っていく木の前で、子どもと一緒に写真撮って
あげたら喜ぶんちゃうかぁ?」という社長の提案を快く受けられたとのこと、嬉しい次第です。

 今年は70本の植樹、それにいたやにすとのみんながどんぐりから育てたクヌギなどの苗木を10本ほど里山に帰します。大きくなるまでには何十年と時間を要しますが、少しでも地域の健全な里山になることを祈念しています。来週が楽しみです。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加