あなたの本の世界を変えましょう!

板宿の書店主から見た、本・まち・環境を語ります!

楽園

2017-05-18 16:39:41 | 

  祖父からのはがきがアパートのポストに投函されているのを発見し、なんとも奇妙な物語が綴られます。その文面には

「お前に引き継いでもらいたいものがある。」

と書かれ、バイト生活の30歳男の圭太は遺産でもくれるのかと、祖父が住む、南国の植物が生い茂る廃村を訪れます。引き継いでもらいたいのは、「ウィジャヤクスマ」、日本名「月下美人」という花の栽培でした。すぐに引き返すはずが、「花が咲くまではここにおれ」と言われ、奇妙な共同生活が始まります。

 花を引き継ぐことは、祖父の人生を引き継ぐことであり、太平洋戦争時に南方戦線での記憶がこの花の中に込められているのです。人の記憶の中に自分が存在する限りは、命のバトンタッチをすることになり、自分のルーツを知ることにもなります。書き残すよりも、脳内に残る話し言葉で伝承する、いかにも古代風ではあるが、祖父の想いは廃村の空気よりも重く、祖父にとっては楽園の継承こそが生きた証しだったのではないでしょうか。

『楽園』(夜釣 十六 著、筑摩書房、本体価格1,200円) 第32回太宰治賞受賞作。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夢をかなえる読書術  | トップ | より少ない生き方 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL