あなたの本の世界を変えましょう!

板宿の書店主から見た、本・まち・環境を語ります!

世界一やさしい読書習慣定着メソッド

2017-04-19 15:33:16 | 

 継続的な読書を習慣化したいと思うものの、なかなかページを繰れない方はこの本で再チャレンジしてみたらどうでしょう!以前、このブログでも印南敦史さんの本は取り上げさせていただきました。

『遅読家のための読書術  情報洪水でも疲れない「フロー・リーディング」の習慣』(印南 敦史著、ダイヤモンド社、本体価格1,400円)

http://blog.goo.ne.jp/idomori28/e/7985e28671ef65a157a2e274cd95597c

 遅読家が書評家として毎日本を読んでは書いているのですから、本との関係をやり直すにはもってこいです。

 まずは2つの無駄なmustを放棄しようと訴えています。それは

① 熟読し、書かれていることのすべてを頭に叩き込まなくてはならない
②  時間を効率的に使うため、速読しなければならない

であり、読まなければ、理解しなければという義務感は不要です。私も仕事柄、せっせと読書をしていますが、義務を感じることはなく、好奇心のために読書していると思います。「えぇ~、そんなことがあったのか?」「そんな考え方、その視点は持ってないなぁ~」と思えるだけで、その本との出会いを感謝します。現実に人に対して「一期一会」であれば、本を通して「著者との一期一会」を楽しむ気分ですね。

 1冊の本を読んで、ピカッと光る一文を見い出す、それの積み重ねが「(その読書体験をした)自分だけの価値観」を生み出していくという主張には同感です。一文を編集し、つなぎ合わせれば、独自の創造力の形成になります。そう考えることができれば、読書の意義が明らかに変わり、習慣化するプラットホームに立てると思います。そのメソッドに関しては本書に譲りますが、より良き読書ライフを人生の中に組み込むことができれば、きっと幸福が訪れると確信します。


『世界一やさしい読書習慣定着メソッド』(印南敦史著、大和書房、本体価格1,400円)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 脳を強化する読書術 | トップ | とりつくしま »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL