あなたの本の世界を変えましょう!

板宿の書店主から見た、本・まち・環境を語ります!

仏教と科学が発見した「幸せの法則」

2017-10-30 15:43:31 | Weblog

 お釈迦様の本当の教えに近い、上座部仏教のスマナサーラ長老と、日本での幸福学研究の第一人者で、ロボット工学者・前野隆司氏の対談は非常に興味深く読めました。

 お釈迦様の教えである仏教は、「実践して、その経験に基づいて語っている」実証科学であり、「心の精密科学」と考えられています。その特徴は、「無常・苦・無我」であり、人間を幸福に導く教えです。世の中には永遠というものはなく、無常であり、苦の連続の人生では、「苦をなくそうと努力」するために人は成長し、自分自身が生きていたいという気持ちを諦めて、執着を一切捨てる「無我」の境地に到達することが悟りであると説きます。行動としては、むさぼり、怒り、無知の「貪・瞋・痴(とんじんち)」ではなく、生命あるものは慈しむ存在であり、平等なので、他人の喜びを自らのそれとして喜び、他人の悲しみは自分のそれとして思い、助ける、「慈悲喜捨」の実践を勧めています。

 幸福学では、金・物・地位などの有形の地位財とは違った、非地位財の4因子の幸せがあることを論じています。それは、

①第一因子:自己実現と成長(やってみよう因子)
②第二因子:つながりと感謝(ありがとう因子)
③第三因子:前向きと楽観(なんとかなる因子)
④第四因子:独立と自分らしさ(ありのまま因子)

であり、本質的には仏教の考えに似通っています。「我」をなくすことは簡単なことではありませんが、「貪・瞋・痴(とんじんち)」から脱却するには、自分の存在を考慮に入れない心を醸成しなければなりません。

 対談内の仏教の教えには難しい箇所も多くありましたが、これを読み解くのも「苦」と考えれば、素晴らしい1冊に出会えたと感じます。

(スマナサーラ長老・前野隆司著、サンガ、本体価格1,800円)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

幸せを引き寄せる笑顔の法則

2016-12-03 14:00:03 | Weblog

 誰しも笑顔でいることの方が良いのはわかっています。しかし、職場でも店頭でも、どちらかと言えば愛想もない、ややもすると怒っているような仏頂面の方もおられます。これには私も反省すべきですが、笑顔の良さを分りやすく理解したいなぁと思ったときに、本書に出合いました。著者が歯や口腔の専門医で、日本抗加齢医学会副理事長の斎藤一郎先生だからこそ、笑顔の理論が頭にすぅーと入ってきました。

 さまざまな医学、心理学の実験結果から、笑いは長寿の要因であり、鎮痛効果やストレス発散に発揮します。つまり、幸せも第一歩が笑い、笑顔ということです。

 さらに興味深いのは、感情を伴っていない「作り笑い」でも、脳の前頭前野は幸福感を感じた時と同じ反応を示すことがわかってきています。無理に、意識的に笑えば、自分自身が幸せに近づき、また、笑顔を見た人も幸せにするでしょう。

 この理論を三越伊勢丹ホールディングスの百貨店である三越や伊勢丹で販売スタッフが実践すると、仕事も楽しく、お客様やスタッフ同士のコミュニケーションの質も上昇してきました。笑顔プロジェクトは井戸書店でもしたいですね。

『幸せを引き寄せる笑顔の法則 三越伊勢丹グループの従業員10万人を動かした“理論”と“効能”とは?』(斎藤 一郎 著、誠文堂新光社、本体価格1,400円)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

GIVE & TAKE「与える人」こそ成功する時代

2016-11-30 15:58:03 | Weblog

  日本では「情けは人の為ならず」。「先義後利」、「盥の水の原理」など、「与える」ことの大切さが一般的になっています。しかしながら、グローバル経済の進展と共に、喰うか喰われるかの弱肉強食の環境では、「与える」ようないい人では相手に喰われかねない。それでも、「与える」のか?

 本書では、人間を3種類に分類しています。「ギバー(人に惜しみなく与える人)」、「テイカー(真っ先に自分の利益を優先させる人)」、そして、「マッチャー(損得のバランスを考える人)」です。アメリカでは「テイカー」でなければ生き残られないと考えられがちですが、それでも、

 「ギバー(人に惜しみなく与える人)」

が最終的には成功すると、アメリカの36歳の組織心理学者・グラント氏は述べています。本書ではギバーとして活躍した人、テイカーとして評判の悪かった有名人を紹介して、理解を深めるように書かれています。さらに、

 「成功したギバーは、自分だけでなくグループ全員が得をするように、パイ(総額)を大きくする」

存在になれる、つまりは関係者みんなが幸せを感じられる。では、ギバーになるにはどうすればいいか?一番大切な考え方は

 「自分のものの見方にこだわるのではなく、他人の視点から見る能力」

を備えることです。自利ではなく、他利第一にすれば、ギバーへの道は開けるでしょう。そこには「繁栄の世界」があります。

『GIVE & TAKE「与える人」こそ成功する時代』(アダム・グラント著、楠木建監訳、三笠書房、本体価格1,800円)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

見下すことからはじめよう

2016-05-30 18:05:58 | Weblog

 生き苦しい時代と言われて有余年。現実が人の心を病んでしまい、物理的には生きていても、心が泣いています。この社会の状況を1960年代からのマンガやアニメのコンテンツを時代に照らし合わせて分析し、これからの生きる方策を考えている本書。

 まず、現代日本を

 「複雑な社会と、持て余した欲望と、不安を回避するための壁に囲まれて、日本人は『普通』が分らなくなってしまっている」

と理解し、誰もが「壁」を作り、「壁」の内部で生きています。壁に入りたいのは、「こうあらねばならない」という同調圧力に屈してしまい、幸せになれない現実があるから。つまり、自分が判断する基準を持ちえないように日本人を改造しています。

 しかし、壁から脱しない限り、幸福感は醸成できません。そのためには、

 魅力ある人になり、リアルな場で居心地のいい場所を生み出せ!

と提案しています。他者の価値観や判断で生きるのではなく、自分基軸の人生を歩むことというOSをインストールしましょう!

『見下すことからはじめよう』(山田怜司著、ベストセラーズ、本体価格1,200円)

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

炎の陽明学 - 山田方谷伝

2016-05-23 14:09:07 | Weblog

 毎月第4日曜日の午前9時より1時間、井戸書店では『大人の人間学塾』と称して、人間学の書籍を1冊、参加者で輪読し、その感想を述べ合うイベントを開催しています。第10回目の昨日の課題図書は『炎の陽明学 -  山田方谷伝』(矢吹邦彦著、明徳出版社)でした。

 山田方谷と言ってもなかなか知られていない人物ですが、幕末の備中松山藩の財政再建を一気に成し遂げた人物です。10万両(現在の貨幣価値で300億円)の負債を、7年で払拭し、逆に10万両の余剰金を作り上げました。

 農家の倅として生まれた方谷は、山田家の再興のため、子どもの頃から勉学に励み、神童と呼ばれるほどになりました。しかし、14歳で母が亡くなり、1年後には父も失い、家業を継ぎます。彼の才を惜しみ、藩主坂倉勝職(かつつね)が二人扶持の奨学金を出し、学びの道に戻りました。その後、京都遊学、江戸では昌平黌に学び、佐久間象山と並び塾頭になった。

 藩主が坂倉勝静(かつきよ)になり、抜本的な藩政改革を推し進める中で、山田方谷に元締役及び吟味役を拝命し、藩の財務一般を管轄することになりました。大なたを振るう改革は

 ①財務状態の藩士への公開(表高5万石に対し実石1万9千石、10万両の負債状態)

 ②大坂蔵屋敷の廃止、自力で米の売買を行う

 ③信用を失った藩札を公前で焼き払い、新しい藩札を発行

 ④領内から取れる砂鉄で備中鍬を製造販売、その他特産品も開発

 ⑤下級武士に新田開発を奨励

 ⑥農民による農兵制を新設、欧米の新兵器の導入

と、幕末の薩長土肥列藩のさきがけのような存在となりました。

 彼の思想のベースは陽明学。「致良知」と「知行合一」の陽明学を、「誠」と解釈し、「言ったことは成す」を真髄と考えました。

 しかし、藩主坂倉勝静は筆頭老中となり、幕府の中枢のため、官軍に攻めたてられたが、方谷による無血開城により、方谷は隠居の身になります。

 明治新政府は彼に大蔵大臣就任を依頼しますが、頑なに断り、農夫と塾長として田や人を耕しました。

 彼こそは代表的日本人に加えてほしい。時代は違うとはいえ、1000兆の負債を抱える日本は彼の生き様を参考に財政再建に努めてほしいと思います。地元である備中高梁市では、方谷をNHK大河ドラマで取り上げる運動を行っており、この時代に彼の功績を国民に観てもらう必要があると考えます。

『炎の陽明学 -  山田方谷伝』(矢吹邦彦著、明徳出版社、本体価格3,300円)

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

青い記憶

2016-05-18 16:22:56 | Weblog

 『青い約束』を読んで感動をおぼえて、新刊の『青い記憶』も読んでみました。ちなみに『青い約束』のここでの紹介は以下をお読みください。

http://blog.goo.ne.jp/idomori28/e/866ba64114cc242d526785a3976fe228

 悪性脳腫瘍と診断された父・周輔は息子・希一へ、手紙という形態で彼の青年時代を包み隠さず語る小説。周輔は絵を描きたい一心で東京芸大に2度受験するも失敗し、早稲田大学商学部へ入学します。しかし、絵への思いは捨てられず、大学を休学して、パリの美術試験予備校へ留学。高等師範学校に通うオルガとパリで出会い、恋に落ちる。彼女との毎日は幸せの連続でしたが、彼女が元恋人との関係を考え直すところから、周輔のパリでの生活も狂いが生じ、絵の才能の頭打ちから、帰国を決意します。ここから周輔はどん底に叩きつけられる事件に遭遇します。

 最後の30ページで事件の真相が明らかにされますが、人生の悲哀はいつどこで遭遇するかわかりません。だからこそ、一日一日を大切にしたいと考えながら読了しました。

 父から息子への手紙には、人生訓めいた言葉が書かれています。

 「本当に確信があったうえでの決断なら、逃げ道を作らないまま運悪く挫折しても、自分を納得させることができるだろうから、人生を大きく壊すことにはならないだろう。そんなときは逃げ道を作ることは力の分散になり、せっかくの進路を妨げることにもなりかねない。強い確信を抱けるかどうか。それを正しく感じ取れるかどうか。すべてはそこにかかっているのかもしれない。」

 「今、病気になって改めて感じたことなんだが、生きているということはただそれだけでも、神様からごく限られた時間だけ与えられた、かけがえのないプレゼントだ。僕らはだからこそ、それを宝石みたいにきれいなものにしていかなければならない。」

 生きる指針を常に抱いて、息子たちに語れる父になりたい!

『青い記憶』(田村優之著、ポプラ文庫、本体価格640円)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

悲しみの底で猫が教えてくれた大切なこと

2015-10-19 15:26:38 | Weblog

  犬派か猫派と言えば、犬派なのですが、今回は著者が5匹の猫を書斎で飼ってらっしゃるので、猫ストーリーに涙腺を攻撃されました。

 主人公の五郎は心休まらない人生を送る、30歳手前の男性。埼玉の小さな町のパチンコ屋に住込み勤務をしています。パチンコ店の常連客の弓子が店の一角に、捨てられたペットと里親を結ぶ『里親探しノート』を置くことからストーリーは始まります。この二人に、なんでも屋に勤務する、20歳前半の宏夢(ひろむ)、「町内一の金持ち」の不動産屋社長・門倉が絡む、猫が必ず登場する四話はとても考えさせられます。

 「どうして生まれてきたのか」「何のために生きているのか」

を求めるために、過去に問題を抱えたこの4人は自分の生を全うしようと懸命に生きています。

 「この世に生まれたことも奇跡。今日を生きていることも奇跡。」

そして、 「今を精一杯生きることで、僕らは奇跡をおこすことができるんだ。」

で締めくくられるストーリーに涙しないはずはありません。誰しもどこかで誰かのお蔭で生きている。それに感謝する思いに奇跡が起こるのでしょうね。さすがは「奇跡体験!アンビリバボー」の放送作家だけありますね。

『悲しみの底で猫が教えてくれた大切なこと』(瀧森 古都著、SBクリエイティブ、本体価格1,200円)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

幸田露伴『努力論』 小さな努力で「人生の幸福」を増やす法

2015-10-08 16:02:30 | Weblog

  ノーベル賞受賞者のコメントには必ずと言っていいほど、「不断の努力」「継続的な研究」という言葉があります。努力なしでは世紀の大発見もないのはわかりますが、なんとか楽して効果だけを求めたいのが人情。しかし、それを一刀両断するのが幸田露伴。名著『努力論』を斎藤孝先生の訳でしっかりと学びました。

  露伴先生、「努力には二種類ある。」と冒頭から述べられています。「直接の努力」と「間接の努力」であり、成果の有無を判断しない、スポーツなどでのルーチンの練習である「間接の努力」が出来る人になることこそが成功への第一歩です。これは鍵山秀三郎先生が言われる「凡事徹底」に結びつきますね。

  そして、人生の幸福へのロードマップには「三福」の実践を強調されています。それは

 「惜福」 福を取り尽くさない、腹八分目にする、足るを知る精神

 「分福」 福を分かつ、福のお裾分け、福のシェア

 「植福」 他利を考え行動する、しっかり先を見て福を仕込む

であり、この三福の考えを習慣化できれば、豊かな人生を歩むはずです。

 そして、努力をするには「集中力」の必要性、と共に「集中力」の向上策のためにシンプルな思考や生活を説き、努力できる自分へ変わるには「昨日までの自分を思い切って捨てろ!」と豪語する。この1冊で幸福論の決着は着いたと考えてもいい!

『幸田露伴『努力論』 小さな努力で「人生の幸福」を増やす法 』(幸田露伴著、齋藤孝訳・編集、イースト・プレス、本体価格1,500円)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「あまのじゃく」に考える

2015-05-21 16:04:15 | Weblog

 書名は「あまのじゃく」だけど、考えることはどういうことか?論評しています。

 西洋の、特にグローバリゼーションの思考では「二者択一」のようにシンプルな選択で結論を出しがちです。特に「便利」というものさしは一挙に人の頭にインストールされ、「不便=悪」の図式が出来上がったかのようです。しかし、考え悩む、考えあぐね、結論を出しかねることは生きている証拠で、自分自身のものさしを選定できていない、あるいは選定している過程に立っているだけで、合理的か否かだけで判断するのでは、人間生きていて面白くありません。

 では、どのように考えればいいのか。この問いに対して、著者の平川さんは

 「ぼくたちが無理やり何か新しい生存戦略を作りだそうとしなくとも、自分たちの『強い現実』に軸足を持ち続けていれば、自然に社会は落ち着くべきところに落ち着いていく」

とし、「ご縁」を大切にすることを提唱しています。その一例として、銭湯について書かれています。「銭湯という生活の共有空間においては、よくわからない隣人と、施設を分け合うという形で共生することを自然に学ぶことができる」としています。つまり、よくわからない人と一緒に風呂を入る、そこには一定のルールがあり、エゴを少しは遠慮すれば、地縁が生まれ、幸せな生活環境は作られていくわけです。ここには合理性という指標はなく、何か起これば援け合う形が誕生するでしょう。

 「あまのじゃく」も正当かもしれません。

 『「あまのじゃく」に考える』(平川克美著、三笠書房、本体価格1,400円 )

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

運のいい人は知っている「宇宙銀行」の使い方

2015-04-06 17:00:20 | Weblog

 2007年3月に出版された、植西 聰著の『宇宙銀行』は当店のロングセラーでした。こんなちっぽけな店で212冊も買っていただきました。この本が文庫化したので、再度ご紹介したいと思います。

 植西 聡氏は成功を手にした人たちの行動習慣や、幸せに生きている人たちの考え方を長年にわたり研究し、「成心学」、すなわち「幸せになるための心の法則」を編み出しました。それを理解しやすいように銀行で表現しています。普通の銀行はお金を預けたり、借りたりし、預けれれば利息が付いてきます。これに対して、想像上のものの「宇宙銀行」を想定して、お金ではなく「徳」を預金することにより、積み立てられた徳が幸せを呼ぶしくみを作りだします。

 それでは、「徳」とは何か? 人が喜ぶことをする、人の役に立つこと、すなわち「他喜力」を発揮することになります。本書ではその預金の積み立て方を初級から上級まで解説しています。自利を優先に考える昨今、他利を先にすることを念頭に置いて行動しましょう!

『運のいい人は知っている「宇宙銀行」の使い方』(植西 聰著、サンマーク文庫、本体価格600円)

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加