Idol Happiness Website Hobby

特集■旅行記・音楽・映画・料理

無伴奏

2017-07-17 00:15:54 | 映画

フィルムの質感をもっと昔臭くしたら、もっと雰囲気あがったような気がする。

成海璃子、池松壮亮 、斎藤工
と今をもってきた肉感的な彼らが織りなすものは・・・

んー。案外、予測通りな展開。

時代的な背景から、喫茶店や服装、冷房がきいてない熱帯空気感など
当時の雰囲気をつかもうとするのと、

青春ロードムービーとも言えなくはない展開。
蒸し暑い、湿度の高い日本感は満載。

が、しかし。なんだか 最後の結末もドドドンって感じだったし、
退廃的にするなら、もっとどんよりしてもいいかなって気がする。

要素はあるんだけど、どこかしら希望があり、キャストの明確でない愛憎劇が・・・
てか、ちっさ!世界w 

とはいえ、この時代ってこういう男女物って多いんだよねぇ。
犯罪史みてても。

そうなると、やはりフォーカスをそこなのか、恋愛物なのかっていうのが欲しいんだけど。
映画タイトルから彷彿する物語と展開の連想が難しかった。

池松君は演技達者感がより、出てる作品。

■http://idolhappiness.web.fc2.com/

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小山田の白桃 | トップ | 黒い十人の女 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む