遺伝屋ブログ

酒とカメラとアウトドアの好きな大学研究者です。遺伝学で飯食ってます(最近ちょっと生化学教えてます)。

またちょいと寒く

2017-03-20 23:11:38 | たわごと
今日はスキーに行ってきました。先月の26日以来ですね。もうすっかり春スキーって感じでした。滑ってる人が少なくて快適。天気もよかったです。まあ、花粉と黄砂は舞っていましたが・・・。へっくし
連休明け広く雨 九州から関東で本降り
明日は雨。南岸を低気圧が発達しながら通過するので寒気が北から降りてきます。またちょいと寒くなりますね。

速報が入ってきました。
Article 50: Theresa May to trigger Brexit process next Wednesday (BBC)
今月中にEUに離脱を通告しなきゃいけなかったんですが、ついに29日に通告することを決断したそうです。英国女王はすでにBrexitに関する法案すべてを承認しており、メイ首相はいつでも決断できる状況でした。それにしてもギリギリまで延ばしましたねー。決断するとすれば、市場への影響を考えて金曜の夕方を選ぶもんですが、月曜日にぶちかましましたか・・・たいした度胸だ。中央市場の移転さえ決断できない知事のいる国とは大違いだ♪

先日、ワンコの話をした時に英国首相官邸では猫が飼われていると書きましたが、それを訂正しなければならないかもです。
最も社会的地位の高い猫が、怠慢が原因で役職を解かれるかもしれない(SPUTNIK日本)
〈以下引用〉
英国首相官邸のネズミ捕獲長を務める猫のラリーが、ネズミを捕る代わりにネズミと遊んだり、あるいはまったくネズミに関心を示さないため、役職を解かれる可能性がある。テレグラフ紙が報じた。〈中略〉英国の国家機関の建物ではネズミの問題が非常に深刻となっており、複数の議員が議会の建物にも猫を連れてくる必要があると繰り返し述べ、ロンドン市議会の議員らは、学生たちが見学している最中にホールの天井からネズミが落ちてきた後、カーン市長に猫を連れてくるよう直訴したという。

ラリー君、ピンチです。しかーし、記事に掲載されている写真にはその切迫感が感じられません・・・解雇やむなしか・・・。orz

公共の機関にネズミといえば♪
ネズミ500匹以上、築地場内生息か 都が推計(日本経済新聞)
日経新聞のサイトなので全文は読めませんが、読めなくても十分ですよね。築地市場ってオープンだし、東京湾岸と言えばカリフォルニアのネズミの夢の国があるくらいだし・・・。魚扱ってるから猫を飼うわけにもいかないしねぇ。引っ越した方がいいと思うんだけどな。

豊洲への移転には(法的にも科学的にも)何の問題もないのですが、Brexitはいろんな問題があります。それでも決断したのだからたいしたもんです。
EU:英国は離脱時の拠出金でまず合意を、通商交渉はその後-関係者 (BLOOMBERG)
スコットランドの将来決める権利、メイ英首相にはない-SNP副党首 (BLOOMBERG)
焦点:北アイルランド政局、英国の新たな「亀裂の種」に (REUTERS)
EUは英国に手切れ金を要求すすするみたい。まだはっきりしていないようですけど、なんと要求額は約600億ユーロ(約7兆2900億円)に上るとみられています。これに対し、ジョンソン英外相は「EU離脱後の英国が巨額の拠出金を支払い続けるとは思わないし、それは理不尽だ」とコメントしてはります。そりゃそうだ・・・だって英国内もガタガタなんすよ。
スコットランドはもっかい独立を問う投票をするとかゆうてるし、今度は北アイルランドでアイルランドとの統一を求めるシン・フェイン党の勢力が強まったりしています。アイルランド側が北アイルランドの統合に慎重なので実現はしないだろうとのことですが、めんどくさそうです。

今、安倍首相が欧州歴訪していますが、ドイツ→フランス→EU本部(ベルギー)→イタリアという行程♪ EUとのEPAを促進したいわけですから、英国にはよらないんですね・・・相変わらず外交は上手いな。ついでに、今日の日露外相会談で4月下旬の安倍首相の訪ロを決めたと・・・メルケル独首相の訪ロは5月2日ですから、それの前にもってきました。上手いなぁ・・外交だけだけど。www

本日のお酒:インドの青鬼 IPA + 立山 特別本醸造
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 涙がだばだば | トップ | 比べることがナンセンス »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。