美容室EVAHS(エヴァース)からの運が良くなるヒント

心と体はひとつです。生命は循環で美は調和です。
愛と感謝の人生を創造して行きましょう。

訓練

2017-10-31 14:06:11 | 心・体と運命

人間は僕も含めてぐうたらな性格な動物ですね(笑)

何事かをやろうとする時、できるようになろうとする時は

やはり訓練やトレーニングが必要なのではないでしょうか。

 

近年、便利な世の中になったことも

コンピューターの社会になったことも原因のひとつかも知れませんが

子供の運動能力が衰えてきているようです。

 

特に子供の教育で大切なことは、知育・徳育・体育ですが

特に体育ではないでしょうか。

子供時代ほど、理屈より皮膚感覚で物事を覚えて行くのではないでしょうか。

 

心と身体はひとつです。

となると心を育てるには、身体を育てることですね。

 

体育の次には知育・徳育ですね。

そのためには生活習慣の訓練も必要ではないでしょうか。

 

日本は戦後何故か、一番大切な10代後半ぐらいから

ぐうたらを学んで行きます(笑)

一番ひどいのは大学生ですね(笑)

 

もちろん日本の大学の運営システムにも

重大な欠陥があるのも分かりますが

生活習慣の訓練をしていないティーンエージャーに

急にちゃんとしろと言っても、なかなかできないと思います。

 

僕は戦争も徴兵制も好きではありませんが

ティーンエージャーが自衛隊のような公(おおやけ)の機関で

1年ぐらい生活習慣のトレーニングを体験させることは

とても良い事だと思います。

 

朝、自分できちんと起きることから

布団をたたんで、一日の準備を始めるような所から

始めることが現代人には必要かも知れません。

 

そうすると間違いなく知も徳も成長すると思います。

智・徳・体の調和は運も良くなります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

表現するということ

2017-10-29 18:22:19 | 心・体と運命

インフォメーション・テクノロジーの進化はすごいですね(笑)

僕は50代のおじさんなので、あまり詳しくないのですが

10・20・30代の若いお客様から

色々と教えてもらうことが多いです。

 

もう若い人たちはテレビも観ないそうですね。

パソコンやスマホで動画や映画や番組を観ていたり

SNSを楽しんでいたり、ゲームをしたりと

テレビを観ている暇はないようですね(笑)

 

一方で自分で動画を撮って

ユーチューブやSNSにアップしている人も増えているようです。

 

今はテクノロジーの機能はどんどん進化していて

写真は言うまでもなく、きれいな動画も撮影できるようです。

 

ユーチューバーなる人たちも人気のようで

色々な形で世間に自分を表現できる時代になったようです。

 

もちろん表現するということはリスクも伴うこともあるかと思います。

得手不得手もあるでしょうし、めんどくさいと感じる人もいると思います。

 

それでも個人化社会の今日

生きる上での空虚感を感じる人や

自分の存在意義を見失っている人には

何か自分を表現することにより

精神の活力や生きがいを感じることができるかも知れません。

 

知識や情報をインプットするだけでは疲れてしまいますね。

アウトプットもやってみることも精神衛生上良いかも知れませんね。

 

精神を整える呼吸も、吸うことと吐くことことの調和が大切です。

知識や情報も、同じくではないでしょうか。

 

もちろん表現することが苦手な人は

無理にするとストレスが溜まり、逆効果なので

そういう人は瞑想などやって

知識や情報を手放すことの方が良いかも知れません。

 

表現することは愉しむことが一番ですね。

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

法則が神

2017-10-28 10:02:57 | 心・体と運命

この宇宙・自然には、まだ分かっていないことが沢山あります。

それでも歴史や時間を経て、分かったこともあります。

 

例えば「投げかけたものが、返ってくる」という法則があります。

こういう法則や原理・原則が神様なのです。

 

よって、神様にあまりお願いはしない方が良いですね(笑)

 

なぜなら投げかけたお願いが、また返ってくるからです。

いつまで経ってもお願いは叶いません(笑)

エンドレスでお願いが返って来るのみです。

 

異論がある人もいるかも知れませんが

例えば先の戦争で、国をあげて勝利の一大祈願をしましたが

壊滅的に敗北しました。

 

小さいお願いならまだ可愛いですが

誇大妄想はとても危険です。

 

神様はいつも中立に人間を見ていてくださって

人間がやったことを、返してくれるだけです。

 

だから神様には感謝を投げかけた方が幸せになれます。

感謝が返って来るからです。

 

それから神社仏閣に行った時だけでなく

常日頃からお天道(神)様は見ていてくださっています。

 

だから常日頃から感謝報恩を心掛けると良いですね。

人間なのでたまには仕方がないですが

恨みや憎しみや怒りばかり投げかけていると

それが返って来て、かなり不運な人生に成りやすいものです。

 

宇宙・自然の法則や原理・原則を学んで

心掛けて実践することを

道を学んで、徳を積むとも言います。

道を学び、徳を積むと現実的にも運が良くなります。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

縁を切ることはできない

2017-10-27 09:49:41 | 心・体と運命

日本もずいぶんと離婚が増えました。

欧米社会を見てみると、やはり同じくですね。

 

もしかしたら資本主義の進化と共に

結婚制度も見直しが必要なのかも知れません。

 

それでも日本でも離婚が後ろめたく無くなったのは

とても良い事だと思います。

 

恋人でも、夫婦でも、家族でも

愛情と憎しみは陰陽の関係です。

 

「愛の反対は憎しみではなく、無関心」と言われますが

憎んでいるうちはまだ関心があることです。

 

人間界の愛は愛情です。

情の方にウェートが多いものですね。

 

本当に嫌いになると、どうでもよくなります。

情のところで無関心になります。

 

現代は共依存となり、共倒れになるのなら

別れや離婚を選択するのも間違いではありません。

 

ただ心身が離れて、縁が切れても

魂レベルでは縁が切れないことは覚えていた方がよいかも知れません。

 

例えば現実世界で相手のエゴに振り回されて

辛い経験をしてきたとします。

いくら自分が思いやりを掛けても

相手を変えられず、やむおえず離婚したとします。

それは決して悪いことではありません。

 

しかしながら現実的な問題は解決できたとしても

別れた相手を思い出した時

憎しみや怒り、あるいは罪悪感や後ろめたさを感じる場合があります。

 

嫌な思い出として心に残っている場合

今後の自分の運や縁にも悪影響を与えます。

 

それは心や情のレベルではなく

魂レベルでつながっているからです。

 

今後の自分の運や縁を良くするには

感謝の念を持つことです。

 

感謝の念があれば

別れた相手との出会いの本当の意味が分かります。

自分の魂の学びのために重要な出会いだったことが分かります。

 

自分の魂レベルが上がると

面白いことに同じような魂レベルの運や縁を引き寄せます。

 

心身の別れは致し方ありませんが

魂レベルでは感謝の念は大切だと思います。

運も縁も良くなります。

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

親のサポート

2017-10-25 10:16:52 | 心・体と運命

たとえば、自転車に乗ったり、逆上がりをしたり

文字を覚えたり、掛け算ができるようになったりなど

文武両道から考えると、子供時代にやっといた方が良いものがあります。

 

もちろん子供には個々の能力の違いで

若干、進み具合は違ってきますが

普通の健常者なら、だいたい3~10歳ぐらいの間にできることですね。

 

昭和30年代ぐらいまでは親が教えるというより

地域社会の中で自然と学べたものが

テクノロジーの発達と、地域社会の在り方や、家族の在り方の変化により

親の援助やサポートの有無が大きくなってきました。

 

平成に入ってバブル経済崩壊以後の社会の構造改革は

地域社会や家族の在り方をも一段と変えて行きました。

虐待や育児拒否は増加の一途をたどっているようです。

 

一方で働けず、社会人になれない子供も増えているようです。

ある意味こちらは精神の問題で、道や徳の欠如なのですが

親のサポートでは如何ともし難いものがあります。

 

社会人として働く心構えは

20代で身に付けておく必要があるように思います。

 

子供時代に自転車に乗れなかったり、逆上がりが出来ないと

かなりの確率で、一生出来ない場合が少なくありません。

 

20代で社会人に成れない場合も

30・40代と成れない確率も上がってきます。

 

親のサポートのさじ加減は何とも言えないですが

過保護過ぎるのも、無関心過ぎるのも問題ですね。

 

親が道を学び、徳を積み、精神成長して

感性を磨くことが大切なことかも知れません。

 

オープンマインドになって

信頼できる他人様にもサポートしてもらうことも

大切なのではないでしょうか。

 

「愛の反対は憎しみではなく、無関心」ですが

愛情だけでなく、「愛と調和」が道ですものね。

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加