美容室EVAHS(エヴァース)からの運が良くなるヒント

心と体はひとつです。生命は循環で美は調和です。
愛と感謝の人生を創造して行きましょう。

知によって栄え、知によって滅ぶ

2017-09-29 09:56:02 | 心・体と運命

人間に与えられた他の動物とより高い能力は

知性です。

 

人間は思考や知性によって栄えてきました。

 

考えたり、想像したり

テクノロジーを発達させたり、創意工夫したりと

知性を高め活用することによって、人間は栄えてきました。

 

一方で知性の発達によって

戦争、公害、環境破壊、精神病の増加などの問題も

これまでの人類の歩みですね。

 

もちろんこれからも知性の発達により

ますますテクノロジーは進化して便利な世の中になると思います。

 

一方でやはりこれまでと同じように

知性の発達により浮上してくる問題もあると思われます。

 

知性によって滅ぼないためには

徳性とのバランスが大切なのではないでしょうか。

 

現代社会では国家単位や巨大組織では

個人がどうこうできる立場ではないですが

小組織や個人では

知性と徳性をバランスよく高めることは可能です。

 

知性によって栄え、知性によって滅びないように

気をつけて行きたいものですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

賢者は歴史から学ぶ

2017-09-28 10:01:11 | 心・体と運命

現在、解散総選挙の話で持ちきりです。

庶民は白けていますが、どうすることも出来ませんね(笑)

 

昔からことわざで

「愚者は経験から学び、賢者は歴史から学ぶ」と言われます。

 

現実の政治をどうすることも出来ないのなら

歴史を学び、大局と流れを掴み

どうなってもいいように準備をしておくことが

大切ではないでしょうか。

 

一国を歴史から俯瞰すると

季節の廻りのように

約15年で次の季節に移り

約30年で正反対の季節になり

60~70年で一周して

大きく新たなパラダイム転換を迎えます。

 

英米まで視野を広げてみると

資本主義の流れとして

英米で起こった流れが

約15~20年後に日本でも起こるようです。

 

例えば現在の日本は戦後72年ですが

2010年代前半のどかでパラダイムシフトしました。

僕はアベノミクスのスタートからだと思っています。

 

また英米の90年代のような経済の動きが

現在の日本でも起きています。

 

株価や土地の上昇です。

ところが庶民には不景気感が漂っているのも

英米の90年代に似ています。

 

そういう歴史の大局の流れから察すると

2020年代の日本の進む方向が

見えて来るのではないでしょうか。

 

「賢者は歴史から学ぶ」も頭の隅に入れておいても良いかも知れません。

 

どうなっても良いように準備していれば

運も良くなります。

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

8:2の法則

2017-09-26 10:20:49 | 心・体と運命

自然界には8:2の法則があるようです。

または2:6:2とも言われますね。

 

人間も自然界の一部なので

この法則が当てはまると思います。

 

前世からのカルマと言うしかないように

人は性格が違います。

兄弟姉妹でも性格はちがうので

生まれた環境や育った環境だけでなく

持って生まれたものがあるのだと思います。

 

そう考えると8:2の法則から

自分がどうしたとしても

自分と会わない人が最低でも2割はいますね。

いくら思いやりをかけても

残念なことですが

自分と合わない人は必ずいるものです。

家族にも親戚にもいるものです。

 

だからと言って悲観したり

相手を責めてばかりいると運が悪くなります。

 

蟻生活の中にも働きアリと2割の怠けアリがいるそうですね。

人の腸の中にも善玉菌と悪玉菌がありますね。

 

もちろん怠け蟻や悪玉菌が増えすぎると問題が起こることと思いますが

全くいないのもまた問題が起こると思います。

 

自然界には無駄なものがなく

理由があって存在しているのではないでしょうか。

 

人間界も同じで

自分と合わない人も勇気と思いやりを持って

適切な距離感を取って行きたいものですね。

 

相手を変えるのではなく

自分の勇気と思いやりの調和の修行だと考え

自分の魂を磨いて行きたいものですね。

運も良くなります。

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

セミナー中毒

2017-09-25 10:48:30 | 心・体と運命

人の心は執着しやすいものですが

いくら学ぶことが良い事だとしても

自分の生活や家計を破綻させるような

セミナーや学校や宗教活動は辞めた方が良いと思います。

 

若くて何も知らない頃は失敗するのも

仕方がないかも知れませんが

何度も何度も繰り返し通って

その時間やお金に見合った成果は上がっていますか?

 

お金持ちや成功したいがために通ったセミナー等で

破産したり、家庭不和になったりしていませんか?

 

精神の時代や超高齢化社会は

お金や成功や健康や幸せなどを求める人が増えるため

それに関する情報が溢れています。

 

もちろん欲望は生きる原動力なので悪いことではありませんが

執着すると運が悪くなります。

 

くれぐれもセミナー中毒には気をつけてくださね。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

金融資本主義から精神資本主義へ

2017-09-23 10:23:17 | 心・体と運命

この20年間、英米で経済格差を強調する報道が多いせいか

格差と言うと経済やお金のことと思っている人が

日本でも増えているようです。

 

ところが英米では、経済学者や識者の中で言われ始め

広がりを見せて来たのが

コンシャス・キャピタリズム

日本語で言うと

意識の高い資本主義と訳されるようです。

 

お金は持っていても、持っていなくても

幸せな人は幸せですし、不幸な人は不幸です。

 

お金を多く持つ競争から

意識や精神を高めるための経済活動に軸がシフトしてきました。

 

もともと日本では心の貧しいお金持ちのことを

守銭奴と言いました。

 

あと10年ぐらいかかるかも知れませんが

お金に困らないぐらいの

ファイナンシャルインテリジェンスは学ぶ必要はあるかも知れませんが

お金持ち競争のようなお金に使われる奴隷のような生き方から

心豊かに世のため・人のため・自分のために

お金を有効活用する生き方に移行してるのが

今日の資本主義だと思います。

運も良くなります。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加