美容室EVAHS(エヴァース)からの運が良くなるヒント

心と体はひとつです。生命は循環で美は調和です。
愛と感謝の人生を創造して行きましょう。

紙くず 1

2016-03-31 10:33:20 | 心・体と運命

本でも読んだことがあったのですが

実際、昭和20年の終戦の時に

中学生だったという女性の方から

お金が紙くずになったお話を聞いたことがありました。

戦争に行って、戦死なさったお父様が

当時、日本橋で御商売をなさっていて

戦争に行く前に、自分に何かあったらこれを使いなさないと

かなりの大金を残して置いてくれていたそうです。

戦後、物資が無くなりハイパー・インフレーションになり

降ろせる金額も決められてしまい

お金の価値が急激に下がり

ほとんど紙くずになったそうです。

戦争によるお父様の死と

着物を売って食べ物に変えて

汗水流しながら働いて

自分たちを養ってくれたお母様と

頭が良かったのに家族のために

進学をあきらめ、働いてくれたお兄様と

紙くずになったお金の体験をなさった

その方は、戦争のつらさと、虚しさと

お金のはかなさを、中学生の時に学んだそうです。

戦後71年の今も

お金が紙くずになる危険性があることを

認識していた方が良いかも知れません。

紙くずとは言いませんが

お金は価値ある使い方をしないと

持っていないのと同じなのです。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人間だもの

2016-03-30 10:15:26 | 心・体と運命

「つまずいたっていいじゃないか、にんげんだもの」

は相田みつをさんの有名な言葉ですが

「九つ転び十起き」は朝ドラの主人公の

広岡浅子さんの言葉です。

人間は不完全ですものね。

だからこそ人生はおもしろいですね!

つまずいても、転んでも、起き上がっても

色々あって愉しいではないですか。

これが魂を磨くとか、高めるということです。

どんどん失敗して、反省して、改善しましょう。

失敗できないのは、プライドが高く、恐れているからです。

反省できないのは、後悔しているからです。

改善できないのは、我欲が強いからです。

せっかく人間として生まれてきたのですから

「つまずいても、転んでも、起き上がっても

いいじゃないか、人間だもの」・・・ですね。

運も良くなります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お祓(はら)い

2016-03-29 14:12:56 | 心・体と運命

女性のお客様に「体調が悪く、肩や背中も

こっていて、何か乗っかっているのか

憑依されている気がする」と相談を受けましたが

原因の第一は「心や考え方の偏り」

第二はその第一の原因から来る「憑依」です。

お清めや、お祓(はら)いや、みそぎは

「感謝」から始まります。

自分の心や、自分の考え方に囚われ、偏りから

目に見えない同じような思いを持った霊に

取りつかれている場合があります。

一日一回は自分の心や考え方という

「我欲」を捨て去り

宇宙や自然に生かされていることに感謝して

親御さんやご先祖やご縁ある皆様に

感謝の意を捧げてみてはいかがでしょう。

それがお清めや、お祓(はら)いや、みそぎです。

運も良くなります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

守護霊

2016-03-28 13:54:20 | 心・体と運命

信じても、信じなくてもどちらでもよいのですが

お医者さんさえも、霊魂の存在を認める書籍を

出している方もいらっしゃるので

霊魂はあると思った方が

人生が豊かになるかと思いますが・・・。

とりあえず守護霊というものがあります。

守護霊とは、自分を守ってくれている霊です。

魂とも言っても良いですし

命(みこと)とも解釈しても良いかと思います。

日本の神様は、なになにの命(みこと)と表現されるように

魂とか命とは神様です。

だから自分自身も本来は神様ですね。

守護霊と先祖霊は違うようですが

一番身近なご両親も含めて

ご先祖さまには感謝ですね。

なぜなら今現在、存在しているのは

ご先祖のお陰様ですものね。

魂を磨くとは、ある意味守護霊に感謝することです。

この世に生まれることはあの世では出来ない

魂磨きが出来るためのようですが

毎日、守護霊や先祖霊に感謝することも

魂が磨かれて、運が良くなることです。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

霊障とは

2016-03-27 10:15:07 | 心・体と運命

霊障とは霊の憑依の障害です。

たたりじゃ~(笑)とか言う事もあります。

霊とは目に見えない想念や意識エネルギーです。

良い霊も悪い霊も、そこら中に沢山います。

良い悪いというよりも霊魂のレベルと言った方がよいかも知れません。

病気も不運もすべて霊障が原因という人もいます。

病気は気のやまいですから

ある意味では邪気と言ってもいいかも知れません。

自分の心が何かに執着して邪気になると

波動の法則により

「同じものが引き合い合います」

これを「類ともの法則」とか「引き寄せの法則」とも言われますね。

漂っている霊魂も、自分の出す邪気に

同じレベルのものが引き寄せられます。

逆に言えば自分の心の執着に気づき、手放して

邪気を正気にすれば

悪い意味の霊魂が寄ってこなくなり

良い意味の霊魂が集まってきて

運を良くしてくれます。

そうすれば霊は怖くはありませんね。

逆にありがたいものです。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加