美容室EVAHS(エヴァース)からの運が良くなるヒント

心と体はひとつです。生命は循環で美は調和です。
愛と感謝の人生を創造して行きましょう。

ストレスと腰痛

2013-10-31 10:20:01 | 心と体

腰痛専門のお医者さんが言う事には

現代の腰痛は7~8割原因不明だそうです。

検査では解らない場合

ストレスが原因であるそうですが

心と体がつながっていることが

だんだんと現代医学でも証明されてきているようです。

精神世界から言うと

腰痛は天からのお知らせです。

心のバランス(調和)を

取り戻しなさいと言うお知らせです。

ストレスに執着しているお知らせです。

こだわり、プライド、被害妄想が原因です。

自分の心を見つめ直し

感謝や許しから

心の調和を取り戻すことが大切です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

家族 2

2013-10-30 10:28:55 | 心と体

現在進行形で増えている家族形態は

おひとりさま家族のようです。

小津安二郎さんの映画からも見えますが

すでに昭和20年代から

家族崩壊は始まっています。

三世帯同居から核家族へ

核家族からおひとりさまへ

この流れは加速して行くでしょう。

流れに逆らうよりも

自立(自律)する方が幸せになれます。

実は家族が崩壊しないためにも

家族が円満であるためにも

自立が必要です。

自立とは自らをマネジメントすることです。

運も良くなります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

家族 1

2013-10-29 12:21:14 | 心と体

家族も人間の集まりです。

それぞれが自立(自律)していないと

円満には行かないものです。

子育てとは自立させることです。

大人になるとは自立することです。

子供が自立できないのは

子供時代に無関心か過保護と言う

偏り(執着)から始まっています。

「かわいい子には旅をさせろ」と言います。

まずは保護から始まり

躾ながら少しずつ離れて行くのが

王道ではないでしょうか。

二十歳はどう見ても子供ではありません。

10歳ぐらいまでが子供であり

10~20歳までが

大人と子供の中間のようです。

この子供期か中間期に

くっつき過ぎか、離れ過ぎが

自立できない原因のようです。

兄弟姉妹でも人格は違います。

答えはありません。

ただ言えることは

親が自立して

責任・誠実・真剣に

子供を含めた他人と

健全な人付き合いをして行くことが第一のようです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

知識・情報化社会の生き方 

2013-10-27 14:41:47 | 心と体

知識・情報化社会は精神力と行動力が大切です。

日本の受験勉強は脳トレには良いのですが

知識や情報を現実社会で活用するには

正反対の勉強方法です。

受験勉強は机上の空論になりやすいのです。

現実社会では仮説と実行と検証です。

なぜなら受験勉強と違い

正解が無いからです。

動きながら考え

間違いながら修正しながら

前に進まなくてはいけません。

スピード感・ひらめき・勇気・忍耐・反省・素直さ・情熱・・・など

精神力や行動力が重要です。

人間関係のためには

礼儀・誠実さ・思いやり・・・・なども大切です。

つまり知識・情報化社会の生き方は

たゆまない精神力と行動力の向上のための

継続学習が大切です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やるか、やらないか

2013-10-26 12:26:09 | 心と体

昔から学校勉強があまりできない子に

「やればできるのに、なぜやらないのか」と言う

親や先生が多かったのですが

大人になって分かったことは

「やるか、やらないか」が大切だと言うことでした。

最近では、ウチの子供が「なぜ働かないのか」と言う

質問も親御さんから多いのですが

やらない理由は意味がありません。

単なる言葉遊びです。

やる理由は色々のようです。

現実社会では行動が大切です。

やるか、やらないかが大切です。

実現には行動して、失敗して

反省して、改善することが重要です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加