美容室EVAHS(エヴァース)からの運が良くなるヒント

心と体はひとつです。生命は循環で美は調和です。
愛と感謝の人生を創造して行きましょう。

一流とは

2012-03-28 18:04:57 | 心と体

一流の一は、一つ=ひとつで、すべてはひとつと言う意味です。

一番、二番と言う順番ではありません。

一流の流は、流れ=循環、運行と言う意味です。

つまり、一流=すべてはひとつの流れです。

あれが一番、二番だとか、これが好き、嫌いだとか言うことは、二流、三流です。

一流はすべてはひとつと包み込む、愛のスピリットです。

マクロには地球も宇宙も、ミクロには原子も素粒子も循環しています。

人間も含めてすべては循環し、調和している波動とも言えます。

愛・調和・感謝のスピリットが、まさに一流そのものです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

笑いと心臓

2012-03-21 19:23:43 | 心と体

東洋医学では笑いと心臓が関連していると言われていますが、

笑いと言うより、興奮と考えた方が良いと思います。

興奮に執着すると心臓を痛めます。

ワクワク、ドキドキは楽しいものですし、人生には大切なことです。

恋愛、ギャンブル、ビジネス成功哲学などは、この感情を刺激します。

「楽は苦の種、苦は楽の種」と言われます。

快楽ばかり追いかけ、執着していると、苦しみも引き付け運が悪くなります。

楽にも感謝、苦にも感謝すると人生が愉快になり、運も心臓も良くなります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

恐れと腎臓

2012-03-19 16:32:12 | 心と体

恐怖に執着すると腎臓を痛めるようです。

恐れと畏れは違います。

恐れはエゴから、畏れはスピリットから来ています。

謙虚になれば恐れは畏れに変わります。

謙虚は自信につながります。

何が起こっても、結果がどうあろうとも

感謝と謙虚で学ばさせていただいていることが分かると

恐れがなくなり自信が芽生えます。

宇宙は畏れ多い存在です。

感謝と謙虚のスピリットは腎臓も癒してくれることでしょう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

悲しみと肺

2012-03-16 20:10:09 | 心と体

悲しみに執着すると肺を痛めます。

いつの時代も悲観論者が多いのは万国共通のことのようです。

実際は全体的には世の中は良くなっています。

「成功は常に新しい問題を生む」と言われます。

諸行無常を悲観的にとらえるか、楽観的にとらえるかで生き方が変わります。

楽観に執着し過ぎるのもどうかと思いますが

少なくとも悲観に執着すると肺を痛めます。

肺のためには、呼吸と感謝と調和のスピリットが大切だと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

憂いと胃

2012-03-14 17:53:34 | 心と体

いつも悩んでいたり憂鬱な人は胃を悪くします。

このストレスを暴飲暴食で解消しようとしても、ますます胃を悪くします。

心配の波動を投げかけると、その結果が返ってきます。

悪循環が始まり運が悪くなります。

感謝の波動を投げかけると、その結果が返ってきます。

好循環が始まり運が良くなります。

心配・不安は自分だけでなく相手のためにもなりません。

それは思いやりではなく結果に執着している状態です。

結果がどうあれ今この瞬間に感謝して、自分も相手も無条件で愛することです。

そうすれば憂いも無くなり、胃も健康になって行きます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加