美容室EVAHS(エヴァース)からの運が良くなるヒント

心と体はひとつです。生命は循環で美は調和です。
愛と感謝の人生を創造して行きましょう。

なぜ自立できないか 1

2017-07-27 09:42:28 | 心・体と運命

アドラー心理学では子供が

・自立すること ・社会に適合できることを目標にしています。

 

そのための意識目標は

・自分には能力があるという意識 ・他者は味方であるという意識です。

 

この観点からいうと自立できない人は

・自分には能力がない ・他者は敵であると思っている状態です。

 

自分には能力がないとは劣等感に執着している状態です。

そしてその裏には、強い優越感があります。

 

劣等感に執着している状態を「自虐」であり

優越感に執着している状態を「傲慢」です。

 

多くの場合、幼少期から親に過保護に甘やかされた場合に

あるいは無関心や厳し過ぎる場合に

自虐や傲慢を身に付けてしまう場合が多いです。

 

それでも大人になって親や他者に責任をなすり付けてもしょうがないですね(笑)

 

まずは自分のことは自分で責任を持つ

自覚に目覚めましょう。

 

そして自分で責任を持って

自分の能力を高めましょう。

 

これを向上心と言います。

 

向上するためには、何事も吸収する姿勢が大切です。

これを素直とか謙虚と言います。

 

つまり優越感に執着して傲慢になるのではなく、向上心を持つことと

劣等感に執着して自虐的になるのではなく、謙虚心を持つことが

自立するためには重要です。

 

まずは身近な日常生活からイノベーションしてみてはいかがでしょう。

たとえば早起きとか、ダイエットや美容や、本を読む・・・とか

少しでも向上する行動をとってみてはいかがでしょうか。

 

自分には能力があるという自信が

自立のへの一歩になります。

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
学習
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 子供は体感から学ぶ | トップ | なぜ自立できないか 2 »

コメントを投稿

心・体と運命」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。