美容室EVAHS(エヴァース)からの運が良くなるヒント

心と体はひとつです。生命は循環で美は調和です。
愛と感謝の人生を創造して行きましょう。

経済は感情で動く 1

2018-01-12 10:06:39 | 心・体と運命

1980年代後半のバブル景気は

土地バブルと、それに伴う株や、その他の金融商品バブルでした。

 

バブルとはコップに入ったビールの泡のことですね(笑)

実際のビールの量よりも

泡の方がコップを溢れるばかり満たしている状態です。

泡はいずれ消えてしまいますね。

 

土地を買いたい人が増えると土地の値段が上がります。

戦後の昭和時代は「持ち家信仰」や

土地は下がらないという「土地神話」がありました。

これも感情ですね。

 

すると仕掛け人が現れ、土地を買って転売すれば儲かると煽ります。

または賃貸住宅を建てて家賃収入が入ると煽ります。

最初はお金に余裕のある人達

あるいは土地を持っている人達から話が広がります。

銀行も不動産取引にはお金を貸し出し始めます。

やがて、庶民にも話が広がります。

テレビや雑誌も不動産投資を煽ります。

するとだんだん不動産経営やマネジメントができない人達も

「儲かる」という感情に囚われ始めます。

そしてバブルが実際のビールの量を上回り始めますね。

世間はバブルのお金回りが良くなり

株もその他の金融商品も連動して値上がり始めます。

 

頭ではいつかは弾けると分かっていても

心(感情)は止められないのです。

 

「まだ大丈夫、まだ行ける・・・もっと。もっと・・・」(笑)

「乗り遅れるな。今ならまだ間に合う・・・」(笑)

今度は心(感情)に執着が始まり

頭(理屈)が執着を正当化し

都合の良い理論を構築するようになります。

 

こうしてバブル経済は感情によって生み出され、翻弄されます。

洋の東西を問わず歴史上何回も起こっています。

人の性ではないでしょうか。

 

 

 

 

ジャンル:
学習
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ぼくちゃん育ち | トップ | 経済は感情で動く 2 »

コメントを投稿

心・体と運命」カテゴリの最新記事