美容室EVAHS(エヴァース)からの運が良くなるヒント

心と体はひとつです。生命は循環で美は調和です。
愛と感謝の人生を創造して行きましょう。

松陰神社にて

2017-02-22 10:50:24 | 心・体と運命

僕は吉田松陰が好きなのですが

先日、今年初めて松陰神社にお参り行ってきました。

 

二月の松陰先生の言葉が書いていました。

「万巻の書を読むに非ざるよりは いずくんぞ千秋の人と為るを得ん

己の労を軽んずるに非ざるよりは いずくんぞ兆民の安きを致すを得ん」

 

意味は、沢山の書物を読み勉強することで

後世に名を遺す人となることが出来るのです。

自分ひとりの労力を惜しむような人は

世の中の多くの人々を幸せに導くような人にはなれません。

 

幕末に、後の明治維新により日本の近代化の礎となった

長州藩の少年たちに向けての教えですね。

 

教育とは小手先のテクニックを超えた、心を感化することではないでしょうか。

 

松陰先生は塾生たちに「立志」を常に問い掛けたと言います。

 

志とは世のため・人のため・自分のための調和ですね。

心と心の響き合いこそ、生きがいではないでしょうか。

 

少しでもその精神を学んで行きたいものですね。

運も良くなります。

 

 

 

 

 

ジャンル:
学習
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 分からない事が分からない | トップ | 心のフィルター »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。