美容室EVAHS(エヴァース)からの運が良くなるヒント

心と体はひとつです。生命は循環で美は調和です。
愛と感謝の人生を創造して行きましょう。

ぼくちゃん育ち

2018-01-11 10:28:33 | 心・体と運命

戦後生まれ、特に昭和50年(1975年)以降は

物質的にぼくちゃん・嬢ちゃん育ちが多いですね。

 

戦後20~30年後の日本は

歴史上かつてない程に物質的に繁栄しました。

これはこれで悪いことではありませんが

物質的な繁栄で満たされない

精神的な幸福感が課題になりました。

 

以前の日本では限られたお金持ちのお坊ちゃんしか許されない課題でした。

その辺の心の有り様は、戦前生まれの数々の小説家が上手に描いていますね。

たとえば太宰治なんかそうですね。

 

今では多くの庶民が物質的なお坊ちゃん・お嬢ちゃん育ちです。

精神がひ弱いのは、ある意味貧しさの中で育っていないからとも言えます。

1990年代に入ってからのバブル景気の崩壊や、コンピューター社会の到来や

超高齢化社会など、ますます精神的なひ弱さに拍車をかけているようです。

 

もちろん精神科には答えはありません。

薬物依存はますます問題を深くして行きます。

 

答えと言うか、ヒントと言うか分かりませんが

歴史の中にあるのではないでしょうか。

 

たとえばお釈迦様ですね。

出家前のお釈迦様はやはりお坊ちゃん育ちでした(笑)

 

生きることに悩むのは致し方なく

物質的なことや、名誉的なことを得ることによって

誤魔化すのもまた、致し方ないことですが

それでは精神的な問題は解決できないどころか

ますます悩みの深みに入って行く可能性が大きくなります。

 

お釈迦様も気づかれたように

我欲(エゴ)の執着が悩み・苦しみの根源なのですが

これからの精神の資本主義の時代は

幸福のためにも、魂を磨き

執着を手放していく時代でもありますね。

共に愉しく学んで行きたいものですね。

運も良くなります。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加