風とともに 

福島の汚染地域のひとたちがどうして避難(疎開)できないかアメーバで書いていたら突然削除されました

コワイ国です

こりゃダメだ・・・

2016-09-19 20:33:08 | がん難民
まずはワン↓クリックお願いします!





やっちゃってる・・


「自分だけはがんにならない」

がそもそもの迷走の始まり


「授乳中のしこりで
癌の可能性が五分五分なんて、
その先生は、オーバーだね」



という芸脳人(有名人)とお金が大好きそうなハズレのオトモダチ
(テレビにでている西川某みたいなのにこういうタイプ多い)



1年半もケモやって、まだ「手術」なんていってる

なにやってんの・・このひとたち?というような異常な状況



’緩和ケア’科に回されたあとに


いまどき’タキソール’なんか使ってる



ありゃりゃー・・・><といった感じなのだ



実ははじめのエコーのドクターと’緩和ケア’科に回したドクターが非常にいいことをやったのに評価されてなさそう・・・







’タキソール’で苦しんでいる時間を




こどもたちと過ごす時間にあててあげた方がよい


ってだれかいってあげる人間は周りにいないのだろうか?





>「左乳房に腫瘤があります。
これは、しっかり検査して
診てもらった方が良いので、
なるべく早く、病院へ行ってください


少し考え、、、

「腫瘤ということは、
癌の可能性もあるということですか」
と聞いてみると、

その可能性は、五分五分です
と先生は言いました。



がんを宿したのは自分なのに、


まるで医者が悪くしたようにグチグチいってますが、



「がんがかなり疑わしいですよ」っていってあげてがんじゃなかった場合に


こういうひとたちって「がんじゃなかった!誤診だ」などとわめき散らすようなのもいますから

こういう言い方になるのも仕方がないのにねえ・・・





それも毎日のおバカな新聞記者をはじめとする自分たちマスコミのせいなのに










「癌の陰に隠れないで」





福島のなんちゃらとかいう団体と同じ


もうほとんど宗教レベルだな・・・




ポジティブ、ネガティブ関係なし



それが’無作為’試験の結果












みなさん、抗がん剤を’薬’(治すもの)だと勘違いしていると思いますが、


にも書いたように


それぞれ’特性’が違います



毒(細胞毒)を盛れば


いまの状態より全身状態は必ず悪くなります(衰弱する)



苦しんで、苦しんで得られた延命期間は





いまの状態より必ず劣化した悲惨な期間になるのです


’ミシュランマン’はあまりにも悲惨で


人前に出せる姿ではないので、みなさんの目に触れないだけ





彼女もまたグラフとかニュートン算とか理解できないんだろうなあ・・・






意外と元気なので、よくわかってない二人が騒いでいるだけかもしれませんが・・・



もし「胸を残したいから、医者のいうことを聞かずに自分たちのわがままで抗がん剤を引っ張りすぎた」のであれば


すでにどうしようもない状況に陥っている可能性大です





彼女の敗因はそれを’治す’薬だとまだ勘違いしていること









福一流出放射能でどのように発がんしていくか

「がん難民」にならないために

なぜ寝たきり患者が量産されているのか
ジャンル:
かなしい
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 細胞毒 | トップ | ビンゴ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

がん難民」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL