風とともに 

福島の汚染地域のひとたちがどうして避難(疎開)できないかアメーバで書いていたら突然削除されました

コワイ国です

たった1kmで4億円…壮大な「無・電柱化」計画頓挫か、いまだに毎年7万本も新設)

2016-11-05 21:31:44 | がん難民
まずはワン↓クリックお願いします!





たった1kmで4億円…壮大な「無・電柱化」計画頓挫か、いまだに毎年7万本も新設
http://biz-journal.jp/2016/11/post_17079.html
 政府は2020年の東京オリンピックに向けて、市街地等の幹線道路の無電柱化率を20%にまで引き上げる目標を打ち出している。しかしながら、周囲を見回してみても一向に無電柱化が進んでいる実感はない。果たして、無電柱化の現状はどのようになっているのだろうか。
 無電柱化、特に電線を地中に埋め込む地中線は、さまざまな面で現在の電柱による架空線よりもメリットがあるとされる。市街地の景観が良くなる点はもちろん、電力供給における支障の発生も架空線に比べ地中線のほうが発生率は低い。特にメリットがあるといわれているのが災害時だ。
 国土交通省によると、1995年の阪神・淡路大震災では、電柱8000本以上が、2011年の東日本大震災でも電柱5万6000本以上が被害を受けた。もし、これが地中線であった場合には、供給に支障を起こす被害は、阪神・淡路大震災で80分の1、東日本大震災では25分の1で済んだと推計されている。




震災のときは

ただでさえ解体で粉じんだらけ、渋滞だらけになるから


こんなのの寸断個所掘り起こされたら、迷惑な話だけどな


外にでてる方が補修しやすいし




税金の無駄遣いばっか考えず


いまあるインフラを有効に使え



それにしても、東京都民も


石原、猪瀬、ハゲ添え、小池ときて


よくまあ何度も簡単にダマされますねえ・・













福一流出放射能でどのように発がんしていくか

「がん難民」にならないために

なぜ寝たきり患者が量産されているのか
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小さな傷 | トップ | 福島汚染民の悲劇 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

がん難民」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL