風とともに 

福島の汚染地域のひとたちがどうして避難(疎開)できないかアメーバで書いていたら突然削除されました

コワイ国です

ひとつひとつに

2017-06-13 21:35:37 | 汚染民の悲劇

まずはワン↓クリックお願いします!





バカな連中はシーベルトで切りたがりますが、



取り込まれたそのひとつひとつがプツプツと放射線を放ちます









ひとつといっても、複雑な放射性化合物の集合体です


’原子’ひとつではありません



1回分裂して(放射線を放って)終わりではなく、プツプツと放射線を放ちます



そのひとつひとつに遺伝子変異能があります



それが、取り込まれたその周辺の細胞に遺伝子変異を起こしていきます











それで発がんしても、シーベルトで切ってしまうと、

’それがもとで’
発がんしてもだれも責任を取りません



そのことをがん難民には書いたのです

















本を撒いて’共通認識’を高めて助かるのは



わたしじゃあないんです









だれがアメリシウムが検出されて、どういう数値だったかとかいわなければ個人情報にはなりませんね



連中、また都合の悪いことをごまかしだしました



懲りないやつらです







福一流出放射能でどのように発がんしていくか

「がん難民」にならないために

なぜ寝たきり患者が量産されているのか






ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 被曝の作業員、プルトニウム... | トップ | PCA:Patient Controlled Anal... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

汚染民の悲劇」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL