風とともに 

福島の汚染地域のひとたちがどうして避難(疎開)できないかアメーバで書いていたら突然削除されました

コワイ国です

ほんっとに・・・

2016-11-08 06:34:52 | 福島の悲劇
まずはワン↓クリックお願いします!






洗車汚泥に放射性物質 福島の整備工場、基準値の最大7倍
2016/11/6 2:00
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG05H8Z_V01C16A1CZ8000/
 福島県内の自動車整備工場にある洗車用の汚水浄化槽に汚泥がたまり、一部で国の指定廃棄物基準(1キログラム当たり8千ベクレル超)を7倍上回る最大5万7400ベクレルの放射性物質を検出していたことが5日、業界3団体への取材で分かった。

 東京電力福島第1原発事故当初に車に付着した物質とみられる。整備工場は県内に約1700カ所あり、「洗車汚泥」は団体側の推計で数千トン。国や東電は対策を先送りしてきた。

 団体側は県内全域をカバーする民間初となる独自の中間処理場新設計画案をまとめ、環境省などと協議を急いでいる。

 3団体は日本自動車販売協会連合会など。汚泥があふれないよう手作業でくみ上げる工場が続出し、団体側は「健康被害の恐れがある」と不安を訴えている。工場では汚泥の保管容器の置き場所も不足している。

 1700カ所は国の認証工場。厳しい排水規制を受けており、洗車で生じた汚水を垂れ流さないよう1トン前後の容量がある浄化槽「油水分離槽」を工場の床下などに設置。汚水をためて有害物質を沈殿させ、残りを排水している。

 第三者機関によるサンプル検査結果(2014年11月)によると、浄化槽36基の汚泥から、4万3200ベクレルの放射性セシウム137(半減期30年)を含む最大5万7400ベクレルを検出。国の指定基準を超えたのは19基で半数超を占めた。

 サンプル検査後、満杯の浄化槽から汚水が逆流し、工場が浸水する事例が発生。さらに調査したところ、300工場余りが満杯状態か満杯になる恐れがあり、うち約200工場ではひしゃくを使って汚泥を保管容器にくみ上げていたことが判明したという。〔共同〕




なんで車洗った水が汚れてるかとか考えないんだろうか・・







ほんとアホだな・・・こいつら





石綿は放射性物質のように「ここにいるよ!」という合図を出さない
ので


我が家
どこに石綿繊維が落ちているかわかりません





もう根菜系はアウトです





この国では体に悪いと認識しながらわざとそれをばら撒くクズがおり、




マスごみもそれを認識しても広告ほしさに触りません





クズ役人どもがゴミ業者の悪事に非常に協力的








少量暴露はだれも責任をとらない
のです














なぜ車を洗った水が汚れているのか



みなさんもうちのようにバカの巻き添えをくう可能性があります





無関心の末路がこの姿です



腕が上がらない!


と叫んでもみても


がんというのは自分の体の細胞が自分の体を壊し続けるものですから





もう後戻りできません






そこは確実に汚染されている




ということが


データでわかっています







>団体側は「健康被害の恐れがある」と不安を訴えている



なんでその水が汚れているのか


なにも考えずにそこで暮らしています






バカの巻き添え



ほんと迷惑な話です







福一流出放射能でどのように発がんしていくか

「がん難民」にならないために

なぜ寝たきり患者が量産されているのか
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おかしな話 | トップ | だから、いったのに・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL