風とともに 

福島の汚染地域のひとたちがどうして避難(疎開)できないかアメーバで書いていたら突然削除されました

コワイ国です

小池知事とIOC会長が会談、作業部会設置で合意

2016-10-19 06:42:00 | がん難民
まずはワン↓クリックお願いします!




小池知事とIOC会長が会談、作業部会設置で合意
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2895001.html
 3兆円を超えるともいわれる東京オリンピックの開催費用について、小池都知事とIOCのバッハ会長が会談を行い、国と組織委員会を含めた4者による作業部会を開くことで合意しました。その際、バッハ会長が使った日本語は「もったいない」でした。
 18日、IOCのバッハ会長と会談した小池都知事。挨拶後、すぐにオリンピック会場計画の見直し問題へと話題が移ります。
 「オリンピックの会場については、レガシーが十分なのか、コストフェクティブ(費用が効果的)なのか」(小池百合子都知事)
 3競技の会場について、将来的に活用ができ、費用に無駄はないのか、小池知事は、検証した上で、会場の見直しについて「10月中に結論を出したい」と述べました。これに対し、バッハ会長は・・・
 「我々はオリンピックを実現可能な方法にしていきたい。それがIOCが17億ドル拠出する理由です。“もったいない”ことはしたくない」(IOC トーマス・バッハ会長)
 バッハ会長は、IOCが拠出する17億ドルに対して、“もったいない”ことはしてほしくないと冗談交じりに述べ、小池知事も笑顔で親指を上げました。バッハ会長は、費用の削減は可能だとした上で、新たな提案も行いました。



みんなうまく厚化粧の(石原いわく?)風見鶏女にダマされているが


こいつも安倍同様、無駄に海外留学していたことがよくわかる




豊洲の問題も人気取りに利用しただけで


ちゃんと本質にせまらないと意味がない



汚染された土地で

汚染(不正)まみれのスポーツの祭典



らしいといえば、らしい


税金使わずに


自分たちの金だけでやってほしい








福一流出放射能でどのように発がんしていくか

「がん難民」にならないために

なぜ寝たきり患者が量産されているのか
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  若者の新聞離れ | トップ | つぎはぎだらけ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL