風とともに 

福島の汚染地域のひとたちがどうして避難(疎開)できないかアメーバで書いていたら突然削除されました

コワイ国です

無駄に被曝

2016-11-20 05:50:51 | 福島の悲劇
まずはワン↓クリックお願いします!




「(この国の)裁判なんて無駄ですよ」










そういってあげていたのに福島の集団訴訟のばーさんは


こどもたちに無駄に被曝させて左翼系の弁護士にえさをやっただけで終わった


線量が下がってきてしまったので


こうなるともうクズ家屋の意図的手口でやればよい




ほんと要所要所で最適なアドバイスをしてくれていた医者がいたのに

いうこと聞かずに


自分で勝手にもがきながら墜ちていってる
なという人間と同じ






がんの末期のがんに栄養をむしられてでているのか(→そのうち頬骨の周辺がやせてくる)

毒物(抗がん剤)で弱って肌が土気色になっていってるかのどちらかですが、


すでに死相がでていますね


血管もやせほそっているし



助けようとしてくれている人間のアドバイスが素直に聞けない人間の末路はこんなものです






そいつらが怖いのはそいつらがやっていることを広く民衆に知られること






そこにほんとの真実がある











福一流出放射能でどのように発がんしていくか

「がん難民」にならないために

なぜ寝たきり患者が量産されているのか
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「貯蓄ゼロ」単身者は2人に1... | トップ | がんになると »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

福島の悲劇」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL