風とともに 

福島の汚染地域のひとたちがどうして避難(疎開)できないかアメーバで書いていたら突然削除されました

コワイ国です

無自覚のツブツブ

2017-08-14 05:20:25 | 福島の悲劇

まずはワン↓クリックお願いします!






’微細粒子’といっても放射性降下物はさまざまな放射性原子の塊です










X線フィルムを感光することができる=遺伝子変異を起こすことができるです






極少量の放射性物質を吸入した状態では







本人たちはそれを吸ったことに気づきません







しかし、彼らの肺の中では






確実に



プツプツと
放射線が照射され、その周辺の細胞の遺伝子に変異を起こしていきます



しかし、それらに明確な基準はありませんから


「たとえ石綿がでても」な状態です




福島のまじめで専門外なドクターは





「家族は宇都宮に逃がしたが、患者さんを放っていくわけにはいかないので


自分だけ数十km高速を走って戻る」といっていました





「どこで」
って


最初の避難までと戻ったときに吸っています







医者でさえ専門外だと発がんメカニズムに関してはピンときませんので



こういう生き物たち
だとなおさらです


































福一流出放射能でどのように発がんしていくか

「がん難民」にならないために

なぜ寝たきり患者が量産されているのか






ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 汚染ドクター | トップ |  「説明を尽くしたのに敗訴」... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

福島の悲劇」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL