風とともに 

福島の汚染地域のひとたちがどうして避難(疎開)できないかアメーバで書いていたら突然削除されました

コワイ国です

先生、点滴が入りません!

2017-05-12 21:54:10 | 医療

まずはワン↓クリックお願いします!





小林まおがCVポートの話を出したので


ネタをひとつ



CVポートを挿入している患者のことで


ときどき訪問看護師から


「先生、点滴が入りません!」


と連絡が入ることがあります



簡単なところでは’セプタム’と呼ばれるポートの針を突き刺す部分のシリコンの途中で針を止めて


アホな看護師が「入らない、入らない・・・><」とあせって電話してくるケース



まあ、実物をみたこともないという人間がほとんどですので無理もないのですが、


いま国は医療費抑制のために’在宅移行’の途中です



猫も杓子も在宅医療ということで、とにかく金目当てで入り込んできているおかしなのも増えています



ろくに勉強もせずに病院にいって


「はい、はーい!」
と地域医療部で手をあげて患者をとってくるのです



病院側も’公平性’を保つために


持ち回りで患者さんを配ったりしていますので、


その患者をそんなやつらに持たせるか・・・^^;というようなこともやってます



とくに大きな病院に入院していそうな小林まおみたいなのは気をつける必要があります




もっとひどいのになると

「ちゃんと’逆血確認’したんですけど、だんだん入らなくなって、いくら押しても点滴が入らなくなりました><」

などといって電話をかけてきます



逆血確認とは普通の点滴だとちゃんと血管内に入ったかどうかを確かめるために注射器や針についた管に陰圧をかけ、


血が逆流することをみて、ちゃんと血管内に入っていることを確かめますが、


このCVポートだけは逆血確認はしてはいけません


血液は異物に触れると固まるという性質があるからです



CVポート内に血を吸いこむと、そこは異物ですので


血が固まりやすくなります


最近では’ヘパリンコーティング’などと抗凝固処理をしたものや逆流防止弁付きのものもありますが、


そうしたものにわざわざ陰圧をかけると


せっかく血が入らないようにしてあるのに


人為的に血液をカテーテル内に入れてしまうということです



アホなナースがカテーテルを詰めてしまうと


せっかく入れたCVポートを患者は入れなおさなくてはならなくなります



小林まおとアホな主治医
なにもかもいきあたりばったりで、かなり対応がドンくさいので



拙速に退院すると、こういう罠にはまります



最近は病院で麻薬など使ったこともないような循環器内科医が見境いなく在宅に手を出していますので


ハズレに当たる
ことも多いです



まあ、彼女の場合


熱がビュンビュンでている状態で普通は入れない、感染に弱いポートを入れていますので



すでに退院前からハズレに当たってますけどね







福一流出放射能でどのように発がんしていくか

「がん難民」にならないために

なぜ寝たきり患者が量産されているのか






ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« CVポート | トップ |  築地市場、土壌調査でベンゼ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL