風とともに 

福島の汚染地域のひとたちがどうして避難(疎開)できないかアメーバで書いていたら突然削除されました

コワイ国です

放射線障害

2017-07-11 20:38:59 | 気づかぬ汚染民
まずはワン↓クリックお願いします!






小林まおは意味のない放射線を大量に浴びて体調を崩した





にも書いた機序で細胞障害を起こし、


大量に健全な細胞に障害が起きて


’調子が悪く’なったのだ



量が多ければ細胞障害(遺伝子障害)が起きるというわけではない




少量だと


一部の細胞がホストに 気づかれずに 障害を起こす






放射線は浴びたときには


それが起こす障害には気づかない










家族性乳がんになりやすい汚染民
何も知らずに浴びている












































ひとがせっかく助けようとしたのに・・・





一部の汚染民も小林まおと同じ経過をたどる





いまはまだ


自分たちの死がイメージできていないだけ










「素直なひとだけが

救われる」









アメリカではプルトニウムの微細粒子は



残さないように



必死に取り出す






助けようという人間のいうことを素直に聞けない


無知な汚染民は吸ったままだ









福一流出放射能でどのように発がんしていくか

「がん難民」にならないために

なぜ寝たきり患者が量産されているのか






ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« どうでもいい | トップ | 獣医学部新設問題 閉会中審... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

気づかぬ汚染民」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL