風とともに 

福島の汚染地域のひとたちがどうして避難(疎開)できないかアメーバで書いていたら突然削除されました

コワイ国です

素直に聞いていれば・・

2017-05-14 05:07:11 | がん難民

まずはワン↓クリックお願いします!






もうこうなると
どうしようもありませんが、


わたしにはいまだに彼女の「なりたい自分」がみえません



死にかけの自分の顔をさらして、かいがいしく介抱してくれる姉の写真を撮り、


「いい姉でしょう」アピールを全国にしたい?


死にかけの自分をネタにどうでもいい、底の浅いエビゾーの追っかけ番組にひとを集めて


借金返済に貢献するのが


「なりたい自分」?




「あのときもっと素直にいうことを聞いていれば」



医者からみると、墜ちていくポイント満載なので


せっかくこれだけひとを集めているのですから、彼女にはもっと別のことを期待したのですが




やっぱりあの姉きの妹なのね・・


ということばかりで、異常なゴミ屋にスポンサーを受けたえせ報道で’みせていた’イメージにすっかりダマされました



途中経過は結局本人からは聞けずじまいですが、


あのとき勘違いして「がんには抗がん剤」と無駄な毒物投与をしなければ・・・







ハゲてごはん食べれなくなって、手がしびれて、こどもたちから離れて入院して


まったく無駄なことをして


残されたこどもたちといっしょに過ごせる時間の大部分を奪われることもなかったのに



あのとき「がんはやっぱり手術だよね」と無駄に肉をそいで、体からエネルギーを奪う行為をしなければ




傷の修復過程で体からエネルギーを奪われて

無駄に死期を早めることもなかったのに・・



あのとき、だれだその無謀な照射範囲を決めたのはというまったく意味のない放射線照射をしなければ・・・





あとから襲ってくる免疫抑制(骨髄抑制)やら、なんやらで
>それにしても
咳が止まらない日々





よけいに苦しむこともなかったのに・・



だって、そこ抑えたって、ほかのところが順調に育つんだもん


’トータル’でものごとはみなきゃ


百害あって

まったく意味なし

>放射線をあてたところや
思わぬところが神経を通って
古傷みたいに痛みだします





「あのとき素直にいうことを聞いていれば・・・」

















最近アホなマスごみとか混同 誠のせいで次から次へとバカが湧いてきて、小林まおみたいになってしまうので、









小林まおにはあれやこれやと患者が間違って墜ちてしまうピットフォールについて発信してくれるのを期待していたのですが、


彼女もやはりそこら辺のアホなマスごみ関係者と変わりませんでしたねえ




がんにはさまざまなステージがあって


まだ助けられる時期


助けられないまでも、その後の展開を変えてあげられる時期






いろいろあります


医者はそういうのをいろいろと考えながら、’目の前の’患者の状態に合わせて医療行為を使いわけます





そんなの、ちょっと母親が乳がんになったくらいで知った気になるこんなのに理解できるはずがないじゃないですか




素直に医者のいうこと聞いときゃ
、無駄に苦しまなかったのに・・



ときどきこういうバカな女医もいますけどね







そんなことさせなければ、死ななかったのに
・・



やっている本人たちには認識できなくても



みる者がみれば
理解できます







ま、有名だから優秀というわけではないということです


「なりたい自分」というものがこんなにレベルの低いものとはがっかりです



あとは どうぞ安らかに と願ってあげることくらいしかやってあげれることはありません






福一流出放射能でどのように発がんしていくか

「がん難民」にならないために

なぜ寝たきり患者が量産されているのか






ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アホなおとなたち | トップ | Jアラートやエムネット 作動... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL