風とともに 

福島の汚染地域のひとたちがどうして避難(疎開)できないかアメーバで書いていたら突然削除されました

コワイ国です

助け舟

2017-05-19 05:35:23 | がん難民をふせぐために

まずはワン↓クリックお願いします!





がんというものには



がんになるのを避け(れ)る段階






















ただ汚染民の場合は屋外にでていた者はすでに吸入暴露しているのがはっきりしているので









いま’発芽’を待っている状態ですね






まだ助かる(可能性のある)段階医者のいうことを素直に聞いて治す



進行がんの場合は少しでも進行を遅らせる、退縮させて少し前のステージに戻す、あわよくば抗がん剤感受性が高く、消えてなくなってほしい


「もう助からない」とわかったら、その後の余生が少しでも楽に充実したものになるように

supportive careに徹する






彼女の場合、よくみるとそれぞれの段階でだれかが助け舟を出しているというのがわかるのですが


ことごとく持ち前の勘違いと思い込みで、それを蹴ってきているというのもよくわかります


そして、最後に手を出したのがおかしなアナウンスの流れている泥船だったのです



その泥船は見た目はきれいで、夢見る妄想系の彼女にとって非常に魅力的な文言で誘っていて

それに乗れば、極楽浄土にいける

と思えるようなものだったのかもしれませんが


みる者からみれば、まるでパイレーツ・オブ・カリビアンにでてくる幽霊船のようなものです



「なりたい自分になる」-わらをつかもうとして泥船に乗ってしまったわたし


とサブタイトルをつけてもよいくらいです


持ち前の思い込みとがんこさ



次から次へと間違った治療を選択していった結果


ちゃんとまともな医者のいうことを素直に聞いておけば、もう少し長い間’元気に’自分の愛するこどもたちといっしょにいれたのですが、


彼女みずからわけのわからないものにばかり手を出して

墜ちていっています



こういうのいるから、がん難民を書いたのですが、




みな素直にいうことを聞かず、学習機能がないので


福島の汚染民もまた同じことを繰り返すのでしょうね
(小林まおのようにみんなに知られることもなく)



彼女は在宅医療への可能性についても言及していますが、


これだけ思い込みが強くて医者のアドバイスに素直に反応せず



またこういう患者に対して、言葉だけきれいで

医者としての主体性を発揮できないようなのが主治医ではダメですね


帰る、帰るといっている間に死にます



まあ、よくあるパターンなので、医者にははじめからすべてみえています





彼女は次から次へとやってはいけないことを繰り返す、程度の低い、つまんない女医にひっかかって、最後は幸せだったのでしょうか



そこはもう宗教の世界ですので


彼女が幸せと感じながら死んでいけば、それでよいのですが


みる者からみれば


無駄にドタバタして、なんともったいない死に方なんだろう


と思いますね



悪い人間じゃなさそうなだけに













福一流出放射能でどのように発がんしていくか

「がん難民」にならないために

なぜ寝たきり患者が量産されているのか






ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« だから、がんになってからも... | トップ | 地面を汚したもの »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL