風とともに 

福島の汚染地域のひとたちがどうして避難(疎開)できないかアメーバで書いていたら突然削除されました

コワイ国です

トロい・・

2016-12-31 21:14:11 | 土建屋闇利権
まずはワン↓クリックお願いします!




化石のようなトロいやつらがトロトロやることで






もう今年も終わってしまいます






クズどもはひとの家をわざと壊して時効狙いできているのに







これでは裁判所がクズどもに加担しているようなものです




医療に対しては「1時間転送が遅れたから死んだ!金払え!」なんてやるくせに


こういう裁くやつらがトロすぎます





うちはクズどもが横でずさんな工事を行ったがために









家が傾いたまま





もう3年です





実はひとの家をわざと壊したり、欠陥建築をわざと売りつけているゴミどもを調子に乗せているのは裁判所です


司法の性質を悪用して


ひとの家をわざと壊す



そういうクズどもがこの国には存在する



故意にひとの家を壊し、


被害者があとで立証できないように証拠採取を妨害する




それがゴミどものいう’ぼくらの常識’です





福島の汚染民は


そうした事実に気づかず、このまま小林まおのようにわけもわからず発症して死んでいくのでしょうか





もちろん、’傷’がそろった者から発症するので




知識のない、わたしの本の存在さえ知らない者には自分がなにでがんになったかすらわかりません










しかし、確実に




そこに飛んだことはわかっています








福一流出放射能でどのように発がんしていくか

「がん難民」にならないために

なぜ寝たきり患者が量産されているのか
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« なぜこんなに | トップ | 4度目の正月 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL