風とともに 

福島の汚染地域のひとたちがどうして避難(疎開)できないかアメーバで書いていたら突然削除されました

コワイ国です

インフォームドコンセント

2017-06-19 21:51:57 | 異常なマスごみ社会

まずはワン↓クリックお願いします!





バカは最期までバカのままです



最近の医療は高度化していますので



こういうバカに少ない時間で理解させるのは非常に困難です



最近はバカなマスごみや死体換金ビジネスを手掛けるハイエナ便後紙によって患者の知る権利や治療選択というものが強調されすぎていて



それがこうした結果につながっています



本人は一端の人間の気になっていますが、知った気になって勘違いしている割に


基本的なことも知りません



なので、かなりデフォルメして説明することになるのですが、
そうすると直の説明ではなくなる


結局、中途半端な説明になるのですが



こういうバカは
最後までそうしたことを理解しません



最近では裁判所もこうした連中に感化され、「説明義務違反!」などといって患者に説明していなかったといって


説明していなかったことに対する損害賠償請求を2000万とか3000万とか認めたりしていますので、


それで病院も躍起になって「この処置を受けると %で合併症が生じるリスクがあります」とか「この手術を受けると0. %で死ぬことがあります」というのを術前によく配ったりするのですが、


そういうのを一般の善良な患者さんがもらっても、ただ怖いだけです



その紙を配ったからといって大して結果は変わりません
(かえって医者の’エネルギー’がその無駄な説明に割かれて、大事な’がんの’治療からエネルギーが割かれることになる)


単なる裁判対策です






その一方で裁判所は工事前の説明もせず市への報告書も虚偽




ひとの家をわざと壊すクズ業者を野放しにしたりしています


原発といっしょで、相手がどの利権に属するかで


その取扱いを極端に変えるのです



こんないい加減なものはありません




さて、当の小林まお



根拠のないもの
に飛びついたり、でたらめな妄想や選択の嵐



実際に臨床を行う上でこういうバカの相手はかなりきついものがあります


医者は自分の患者のことに関しては公に反論できないので



みんな我慢しているだけです




ひどいのになると、死ぬまでバカが取れずに勝手に死んでいきます





こういうのをみていると、日本人の精神はなかなか成熟しないので



やはり昔のパターナリズムの方が日本人には合っているのかなという感じがします





医者の説明を素直に聞いて理知的にものごとを判断できる人間が少ない
からです





「この処置を受けると %で合併症が生じるリスクがあります」とか「この手術を受けると0. %で死ぬことがあります」というのを術前に配るより


あなたにはこの治療法が合っています。 だいじょうぶ ^^」といってあげる方が


日本人の場合、安心して最適な手術が受けられるのではないのかなという風に思います






みなさんも知ったかぶりのことごとく選択ミスちゃんから学んでください





さてさて


バカは最後まで構図をとることをやめませんね


マスごみ関係者


ほんとうにでたらめな生き物たちです










この顔をさらす意味がどこにあるのか


彼女の「なりたい自分」というものがいったい何なのか


わたしにはわかりません



「彼女のことはそっとしておいてください!」とかいってひと集めてバカな顔さらしたり、


250万人も読者集めてアメンバー記事とか「✴︎この記事の転載、転用はお断りします。」って


バカな連中一体何をやりたいのか理解できません







福一流出放射能でどのように発がんしていくか

「がん難民」にならないために

なぜ寝たきり患者が量産されているのか






ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パラリンピック | トップ | こども使うか・・・普通・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL