風とともに 

福島の汚染地域のひとたちがどうして避難(疎開)できないかアメーバで書いていたら突然削除されました

コワイ国です

アホなおとなたち

2017-05-13 21:13:02 | 汚染民の悲劇

まずはワン↓クリックお願いします!





「自分にできることはないか」と思って福島の除染に出向いた知人



直接聞いた話では「だれも通っていない道路を除染したりして、こんなところ除染しても意味ないんじゃないかと思いながら作業をしていた」そうです


実際に除染作業に使い、持ち帰った手袋や靴を測定器にかけると


たくさんのセシウムが






ま、当たり前
ですけどね











福島ではどこが汚染されてるか認識しながら

カリとゼオライトを撒いて作物を作り、


「安全PR」のために


学校給食で出して、こどもたちに食わせるのだという



そして、安倍一味の原発利権に都合のよいよう


そういう場所の国道沿いをこどもたちを使ってさらに安全PRをしていた



これにはあきれてしまった


安全だから学校給食に出したり、国道沿いを掃除させたりするのではない


安全’PRをするために’こどもたちの学校給食汚染農地米を出したり、


国道沿いを掃除させてPRするのだ



本当にバカがやることとしか思えない










’それが’うまく当たると発がんしてくる




そして、安倍たち原発推進のクズどもに都合のいいように基準は上げてある





自分たちの利権や妄想に都合のよいように


科学的にものをみないアホな連中がどうなるか






小林まおの死にざまから学んでほしい








福一流出放射能でどのように発がんしていくか

「がん難民」にならないために

なぜ寝たきり患者が量産されているのか






ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 集塵マシーン | トップ | 素直に聞いていれば・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL