風とともに 

福島の汚染地域のひとたちがどうして避難(疎開)できないかアメーバで書いていたら突然削除されました

コワイ国です

おかしな国

2016-11-26 05:01:20 | 気ままな偏向報道
まずはワン↓クリックお願いします!






要は欠陥遺伝子を持つ人間


医者のいうことを素直に聞かず



自分勝手にウロチョロして

ブログ収入でがん治療に散財しながら


ボロボロになっていっているだけ



という話なのだが、


きれいごとを書くとウケはいいらしい



福島のこどもたちがこうならないように書いた本は広告すら止められる





まったくおかしな国だ



福島でサーベイメータを提供している企業の人間としゃべっていても


「あれってγ線しかみてないから、意味ないでしょ?」
というと





「まあ、そうなんですけど、われわれがそれはいえませんから・・^^;」


などといっていて



まったくおかしなことがまかり通っている



それは小出先生も感じてらして






彼の方が正しいことをいっていたのに


彼のようなほんとのことをいう人間は陽の目をみない



いまでも推進派のクズどもが福島ではゴマカシまくっていて





ゴマカス人間たちが人間の力を超えるものを扱っているものだから、


いつまで経ってもうまくいかない



あいつら


無駄に被曝しているだけ
なのだ




小出先生のような人間を復旧作業の責任者にあたらせれば

作業員のことも日本という国のことも考え、総合的に事態は幾分ましになるだろうが、


日本はバカップルが「これを機会にみなさんも検診を受けて」とかいうと、マンモグラフィの検査予約が殺到する国なので、なかなかむずかしい



若い人間がおふざけ半分でその種の検査を受けると、


がんを持っている人間はがん発見のメリットがあるが、

がんを持たない人間には


発がんリスクだけが高まる






福一流出放射能でどのように発がんしていくか

「がん難民」にならないために

なぜ寝たきり患者が量産されているのか
『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オプジーボ2 | トップ | だらだらともがきながら »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL