風とともに 

福島の汚染地域のひとたちがどうして避難(疎開)できないかアメーバで書いていたら突然削除されました

コワイ国です

いい先生?

2017-04-21 20:47:09 | がん難民

まずはワン↓クリックお願いします!





「もうむずかしいと思いますよ」




一見冷たいようだが


実は’専業の知恵と経験’から


その患者のことを一番に考えてアドバイスしている





「あの先生はなんでもいうことを聞いてくれる。いい先生よ ^^」




わたしの周りにもいるが、そういうのはその患者ではなく


そういう風にすることによって寄ってくる患者がもたらす金をみている




日本では’病名’さえつければ


その関連の医療行為を行うことが可能




その行為を行うのは医者の裁量や人間性にかかっている



小林まおは


最後まで’トータルバランス’でものごとがみれる医者に気づくことができなかったのだ






人生にたらればはなし



もう少しかしこければ


あと1,2年こどもたちといっしょにいさせてくれる医者はいた






なぜなら


わたし自身


そのひとが同じような条件でそういうケアの仕方ができる医者だということを


実際に確認しているから








そのひとも口は悪いが


実際の患者さんの診方には


本当のやさしさを感じることができる



わたしもなぜ家族はあんなブログを立ちあげさせたのかと思った



みなさんも

ニコニコしてなんでもいうことを聞いてくれる医者



ほんとに患者自身にとってよい医者ではないということを理解しておいてほしい


彼女は出だしから


勘違いしていたのだ






福一流出放射能でどのように発がんしていくか

「がん難民」にならないために

なぜ寝たきり患者が量産されているのか






ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 桜が散る頃 | トップ | 無自覚汚染民 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL