風とともに 

福島の汚染地域のひとたちがどうして避難(疎開)できないかアメーバで書いていたら突然削除されました

コワイ国です

パンダ赤ちゃん身体検査 147グラム 性別まだ不明

2017-06-15 09:11:31 | 美しくない国

まずはワン↓クリックお願いします!





パンダ赤ちゃん身体検査 147グラム 性別まだ不明
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170614/k10011017461000.html
6月14日 16時20分
東京・上野動物園で12日に生まれたジャイアントパンダの赤ちゃんについて、動物園は14日朝、初めて身体検査を行い体重や体長を測定しました。
上野動物園のジャイアントパンダ、「リーリー」と「シンシン」の間に生まれた赤ちゃんは14日、生後3日目を迎えました。

赤ちゃんはこれまで母親のシンシンと片ときも離れず過ごしてきましたが、動物園は14日午前5時20分ごろ、タイミングを見計らって赤ちゃんを引き離し、およそ20分間にわたって初めて身体検査を行いました。

動物園によりますと、その結果、健康状態は良好で、体重147グラム、体長14.3センチと確認されたということです。性別については今回は確認できなかったということです。また検査中には排便が確認されたということです。

一方、シンシンは赤ちゃんと引き離された間不安そうな様子を見せ、赤ちゃんが戻されるとすぐに寄ってきて抱きかかえるなど愛情深く子育てをする姿が確認されています。

シンシンは13日、飼育員がブドウ糖などが含まれる水1リットルが入った柄のついた容器を口元に運ぶと、赤ちゃんを抱えたまま音を立てて飲み干したということです。

上野動物園教育普及課の金子美香子課長は「赤ちゃんは鳴き声や排便などから健康に問題はないが、引き続き24時間態勢で観察を続ける」と話していました。




母親がいま必死に守ってるのに


大事なんやったら、ある程度落ち着くまで、データなんかとらんとほっときゃええんちゃうの


動物園スタッフ

アホやな・・


被曝させながら、経過観察されている福島の汚染民
よりは





パンダの方が大事にされている分、幸せか・・・








福一流出放射能でどのように発がんしていくか

「がん難民」にならないために

なぜ寝たきり患者が量産されているのか






ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ピンホール | トップ | バカは救えない »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL