風とともに 

福島の汚染地域のひとたちがどうして避難(疎開)できないかアメーバで書いていたら突然削除されました

コワイ国です

バカはほんとに救えない

2017-04-06 06:05:02 | 汚染民の悲劇

まずはワン↓クリックお願いします!






「深刻」といいながら

半年以上も

勘違いして間違った治療法ばかりを選択しているおかしな闘病ブログをドヤ顔でまき散らす


もう少しはやい段階で 素直に まともな治療法を受けときゃ、もっとましな展開だったのに



彼女にはもっと幼いわが子をこの世に置き去りにする母親の苦悩や葛藤を表現してほしいが、

どうやら彼女はそこまで繊細でなさそうだ




バカは被曝しながら汚れた地域で採れたものをまき散らしてくる


「ここにいますよ」というシグナルを送ってくるもの
以外の測っていないものは




ないとはいえない



それはサーベイメータの企業の社員も認めている



しかも、その安全基準はクズどもの手によりクズ業者を不問にするために底上げされている




バカはみずから石綿を吸いながら





コスト本位でひとの制止も聞かずにまき散らしてくる



そこにはクズ役人どもの共謀がある






汚染物の飛散










それを取り締まるべきクズ役人が


ばら撒いたクズどもに便宜をはかることで


この国のシステムに合わせて不問にする’細工’を行っている





福島の汚染民は何度いっても理解しなかった



















何度いっても理解しないバカは救えない








せめてこちらにまき散らしてくるのをやめてほしい






福一流出放射能でどのように発がんしていくか

「がん難民」にならないために

なぜ寝たきり患者が量産されているのか






ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« とおせんぼ | トップ | 福島県民の敵 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

汚染民の悲劇」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL