風とともに 

福島の汚染地域のひとたちがどうして避難(疎開)できないかアメーバで書いていたら突然削除されました

コワイ国です

世界最大の実験場

2017-02-22 05:10:02 | 福島の悲劇
まずはワン↓クリックお願いします!





ここだけの話


ある場所に汚染民のデータを集めて解析している





その物質
を吸うと、がんになりやすいということがわかっている









わたしにもまだ小さいこどもがいたので、みていられないなあと思ってがん難民を書いたわけなんだけれども





まあ、ご存じのみなさんも多いように




さまざまな邪魔が入ったw










本来、それを吸うと発がんしやすいということがわかっているものを


避難させずに暴露させて経過観察するなんてことは


実験モルモットに等しい




それにしても、モルモットたちの理解が悪すぎて







話にならなかった





ちゃんと、わたしのいうことを聞いてわたしの本をばら撒けば、理解する人間もいたというのに






モルモットの中には’役人’とラベルの貼ってあるものもいて

’上’のいうことに従い、





必死にそれがなかったことにしようとしている者たちがいる




お勤めご苦労さんといった感じだが、


そいつら自身も暴露している








モルモットの中には’裁判官’というラベルのついた者たちもいるが


これはもうこういう職業を選ぶ時点でちょっと変わったバカというふるいにかけられているので、もうアタマが悪すぎて話にならない



もちろん、’裁判官’というラベルのついたモルモットたちも’それ’を吸っている









基本こういう職業を選ぶ人間はむずかしいことはわからないバカが多いので、小林まおのように死ぬ間際までそれを自覚しないだけだ


’無主物’というバカな言葉を出した便後紙のいうことをそのまま通したかどうかはわからないが、「国や東電が除染するといっているのだから、それまで待ちなさい」といっている自分も、その除染が完了するまで、

除染中も自分たち自身も被曝し続けるということに気づいていない







まあ、基本はむずかしいことはわからないバカなので、おそらく死ぬまで

その行為が間違っていたことに気づかないだろう




われわれはその患者のデータをみると



ある程度どのように死んでいくかが前もってわかる



それはやめておいた方がいいと思いますよ」


それはまったく意味がないと思います」



ちゃんとそういってくれている
と思いますが、


バカには届かない




最近はアホなマスごみ
のおかげで素直に医者のいうことを聞かない人間が増えた






それはそれで結構なのだけれど


死ぬ間際になってから素直になられても、もう遅い



’それ’を吸うとどのように死んでいくのか





そこには書いてある










人間、クーちゃんのような素直さがほしい









福一流出放射能でどのように発がんしていくか

「がん難民」にならないために

なぜ寝たきり患者が量産されているのか

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ポロニウム | トップ | 福島の真実 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

福島の悲劇」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL