風とともに 

福島の汚染地域のひとたちがどうして避難(疎開)できないかアメーバで書いていたら突然削除されました

コワイ国です

国から派遣された笑える専門家

2017-03-07 21:09:29 | 福島の悲劇
まずはワン↓クリックお願いします!






福島に’国から’派遣された専門家が火消しに回っているそうだ




>*除染されていない場所を通る時は息を止めて走ること。

おまえが息を止めて死ぬまで走れという感じ(笑)




そこら中汚染されてる状況で

その行為になんの意味があるんだ(笑)






>*農作業中に汚染土をほこりとして吸い込んだら、
できるだけ早く鼻をかんでください。


ほこりを吸い込んだら







あとは小林まおみたいにならないのを願うだけです


鼻かむなんて、まったくの無意味





セシウムは無くなりません。共生するつもりで生活してください。


こいつら、それ認識しながらこんなカスみたいな専門家派遣して、何も知らない汚染民ダマして住まわせて農作物つくらせてるのね ^^





>*作業中は肌を露出しない。


では、タイベック着て耕しましょう(笑)


>飲食や喫煙を避ける。

飲食は避けるような場所でつくったものを

おまえら出荷させて、無頓着な連中に食わせてるよね


まあ、病院内の放射線管理区域以上の汚染状態だし、それももっともだわな





>*戸外での作業での塵やほこりは室内に持ち込まない。


汚染地域外に持ち出し自由のようですが・・


しかも、そんな危険な場所で栽培させたもの出荷させてるよね


>*手洗い、うがいをしっかりする。

風邪予防みたいですが・・(笑)


インフルエンザとおんなじで

うがいはほとんど意味がない
(水で洗い流せる部分以外を通過したもので感染が完成する)


こんなバカげた専門家?の詭弁(にもならない)に汚染民はすっかりダマされてます><




’国から派遣された’、’専門家’と聞くと

ひれ伏してしまうようですね><




驚いたのは現地の高校の教師でさえ


こんな感じで↓われわれからみたら突っ込みどころ満載の’推進派’派遣の詐欺師の詭弁にうまくダマされていました><





それにしても、「被曝のリスクを下げる方策と免疫力を上げる生活、特に食生活」って


まるで小林まおみたいですね



そんなんじゃあ、がんは防げません





んー・・・、だから、だれか理解するはずだから






本を撒けと・・・





福一流出放射能でどのように発がんしていくか

「がん難民」にならないために

なぜ寝たきり患者が量産されているのか

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 福島入りした専門家の言 | トップ | 近畿財務局が産廃の「場内処... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL