風とともに 

福島の汚染地域のひとたちがどうして避難(疎開)できないかアメーバで書いていたら突然削除されました

コワイ国です

あと戻りできない

2017-05-20 08:08:36 | 汚染民の悲劇

まずはワン↓クリックお願いします!






がんには


まだ助かる可能性のある時期










もうあと戻りはむずかしい時期



なんとか経過を緩徐に体力を維持可能な時期






そしてもう何やっても無駄な時期


などいろいろあります












専門家なら、みんな知ってるはず
ですけどねえ















知ってて住まわせてる
としたら、ひどい話でしょ?



そう


利権本位にゴマカシながら、知ってて住まわせてるんですよ






だから、都合悪いんですよねえ







気づかせちゃうから




ほんと無駄な(よけいに害のある)こと
するよね



本人気づいてないから、まいっか・・



こどもたちといっしょに過ごしたい母親にとったら、害しかない
ことでも



本人がありがたがってることなら、福島の汚染ママたちのように







それはそれでいいことなのかもしれませんね





フツー庭にそんなもんがあったら、アブナイ
って気づくだろうとは思いますが・・・








福一流出放射能でどのように発がんしていくか

「がん難民」にならないために

なぜ寝たきり患者が量産されているのか






ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ひとがせっかく | トップ |  とどめの一撃 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL