風とともに 

福島の汚染地域のひとたちがどうして避難(疎開)できないかアメーバで書いていたら突然削除されました

コワイ国です

無自覚福島汚染民

2017-05-06 04:30:08 | 気づかぬ汚染民

まずはワン↓クリックお願いします!





どうやって死んでいくかわかっている者からみると




どうして家族はこんなブログを立ちあげさせたんだろう・・という感じでしたが、



「力強く人生を歩んだ女性でありたいから
子供たちにとって強い母でありたいから」



とかいったって


ただ単に誤った選択をし続けて勝手に墜ちていっているだけで



ぜんぜんそういう風にはみえないし、


第一、こどもたち自身がそういうことはどうでもいいと思っている



福島の汚染民は小林まおのことをどう思っているのだろう


「子育て中に死んでいくかわいそうな女」?

「自分は関係ないけど、あんなきれいなひとがこんなになってかわいそう・・><」?




「それを吸うと、危ないですよ」




そう何度もいってあげたが、汚染民は素直に耳を貸さなかった

















http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-3632.html

>「まだ放射能の事をしゃべるの?心配しているの?」
「まだそんなことばっかり考えてるのかい?それじゃ前に進めないじゃない」
そういう方がいらっしゃいますね。
信頼や信用のおける親戚でも、頼りにしている方でも、
「大したことないんじゃない、そんな事」
「切れば治るんでしょ!死ぬわけじゃないんでしょ!」
「言っちゃ悪いけど、大したことないじゃない!」
3回言われました。




「(この国の)裁判なんて無駄ですよ

「そこはほんとに危ないですよ」


たった1冊の本でここに書いてあることすべてを理解させるのはむずかしい





「とにかくわたしの本を撒いて」



何度いっても素直にいうことを聞かない

無自覚汚染民の意識の低さにはあきれてしまった



「小林まおかわいそう・・・」






安心してください


そう思っている何人かは







小林まおと同じ状況になる候補です




とだけいっておく







福一流出放射能でどのように発がんしていくか

「がん難民」にならないために

なぜ寝たきり患者が量産されているのか






ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« きったない・・・ | トップ | 死ぬまで妄想系 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

気づかぬ汚染民」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL