風とともに 

福島の汚染地域のひとたちがどうして避難(疎開)できないかアメーバで書いていたら突然削除されました

コワイ国です

福島の悲劇

2016-10-17 21:38:00 | がん難民
まずはワン↓クリックお願いします!





放射線には遺伝子’変異’能があります




あまりむずかしい話を書いても一般の方にはわからないので







一般のひとにもわかるように簡単に書いたわけです





しかし、その当時原発施策にとって都合の悪い書物は裏で止められていたので


少し書き方を工夫しました ^^



原発推進のクズどもの検閲を通すためにです



まずがんというものは’最初の1個’からすべてが始まります





たったひとつの有効打でも発がんを始めるのです






産業本位に’安全基準’は上げられていますが


うまく当たってしまうといまの小林まおのようになります


東京の汚染民もけっこう吸っていますが






どれが当たったか(なにが原因か)よくわからない小林まお以上に





確実に吸って食べてる地域があります



そう


福島です





彼らにはろくな知識がなく






吸った’意識’もありません





クズ家屋のずさんな石綿破砕
の間にうちのすぐ横を何も知らずに通り過ぎた親子といっしょです






彼らには’吸った意識’そのものがありませんので


仮に風に乗って飛んだ石綿繊維を吸って2,30年後に発症しても


そのとき’どこで吸ったか’まったく意識がありません



この国の法廷では



「それによる被害だ」というときには


「’そのとき吸った’石綿で被害が生じた」といわなければなりません





非常に悪質なクズ家屋の手口から学んでください





この国の法廷で

そのとき吸った’それで’生じたといえないようにする
行為







それが福島県民に原発推進派のクズどもとクズ役人が仕掛けた罠







’それを吸うと’発がんする(しやすい)ことはすでにわかっています



p.60





それを福島県民に伝えようとすると


妨害してきた




というわけです



発症すると



あとはいまの小林まおのようにもがくのみです



こどもの頃につけられた傷は


いまの小林まおのようながんを誘発します

p.230







福一流出放射能でどのように発がんしていくか

「がん難民」にならないために

なぜ寝たきり患者が量産されているのか
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 無主物判決 | トップ | 福島汚染民の悲劇 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

がん難民」カテゴリの最新記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL