風とともに 

福島の汚染地域のひとたちがどうして避難(疎開)できないかアメーバで書いていたら突然削除されました

コワイ国です

無駄な毒物治療

2017-05-03 21:01:39 | 汚染民の悲劇

まずはワン↓クリックお願いします!





「もう効かないですよ」
と医者にいわれたあとの抗がん剤は


不利益しかない






そう書いているのに


なんでいうこと聞かないんでしょうねえ


予後が決まったケースに無駄な毒物治療を行うと





ただハゲさせて


食欲を奪い、



’残された時間’から貴重なこどもたちとの時間を奪うだけ






なんで’全部書いてある’のに、いうこと聞かないんでしょうねえ・・・



















それを吸ったり、知らない間に被曝すると


どういう風に死んでいくのか




全部書いてあるのにねえ







医者が「もう効かないと思いますよ」といったあとは


ただの毒物投下






本人喜んでますけど




全部無駄な行為
なんですよ



ひとは一度しか死ねないので


’次こそは’はありませんけどね




「どこで」って


助けようとしている人間のいうことを素直に聞かないとこですよ



たくさん間違っていますが


次はもうありません



汚染民には素直に読むことをおススメします






すでにかなり手遅れですけどね







福一流出放射能でどのように発がんしていくか

「がん難民」にならないために

なぜ寝たきり患者が量産されているのか






ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お上がグル | トップ | そりゃそうなるだろう・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL