風とともに 

福島の汚染地域のひとたちがどうして避難(疎開)できないかアメーバで書いていたら突然削除されました

コワイ国です

集塵マシーン

2017-05-13 06:03:05 | 異常なマスごみ社会

まずはワン↓クリックお願いします!





>よく耐えてきてくれた血管、

神業のように 残る血管を探し出し、
何度も差し替えして下さった先生、


血管に「がんばれー」と声をかけて下さった看護師さんに、感謝が湧きます。

この血管は、もう少し休ませてあげよう。

この血管は、最後の砦にして、まだ
残しておこう。

一本一本の血管に向き合ってきた
日々でした。


今日からは、ポートの血管が大活躍です。



小林まおって最初からなんかおかしいなあ・・と思ってはいたのですが、


ずっとこんな調子なんですよねえ





目の前の現実
から逃げて、変なやつに引っかかっている






まあ、マスごみ関係者なんて1匹、1匹はろくでもないエセの集まりなので、こんなものでしょう









金のためなら事実を捻じ曲げたり、






なんでもやるクズの集まりといっても過言ではありません











まあ、おキャンなから騒ぎ姉のおかげでテレビに出たラッキーフリーアナウンサーなんてこんなもんです


こういう現実をみないアホがマスごみ関係者を構成している







そういうものに無抵抗にうまくダマされてしまうのがいまの日本(の大半の国民)





いまテレビは完全にオリンピックモードですが、


こういう状態のところを走らせると





マラソンランナーはただの放射性物質集塵マシーンと化します








現実をみないバカな生き物たちは


オリンピックをみて


「よかった、よかった」とまた涙を流す
のでしょうねえ







福一流出放射能でどのように発がんしていくか

「がん難民」にならないために

なぜ寝たきり患者が量産されているのか






ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  築地市場、土壌調査でベンゼ... | トップ | アホなおとなたち »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL