日本山城遺産 伝えて残して歴史を繋げる 三重を中心に徹底訪城 時々ノーマルカーダート 最後にセルフコラボレーション

崩れゆく山城を探索。一方ノーマルカーダートでチャンンピオンを目指す。最後にペン画でコラボ。はたして答えは何処にあるのか。

法性寺

2017-08-13 08:43:47 | 古里の歴史

 

法性寺
 ほうしょうじ
住所 松阪市曽原町
標高 1.0m
歴史
 蘇原城主天花寺氏の菩提寺 江戸時代は「曽原の道場」
資料
 案内看板 松阪市の指定文化財案内
環境
 曽原城跡から東へ300m。北方面から見た場合、雲出川を渡ると松阪を守る最初のラインで防衛の際は最前線になったと考えられる。曽原城と法性寺が東西横一線に配置されているのもそんな理由があるのかもしれない。
銅鏡
 平安時代のもので鏡面に三尊仏の毛彫りがあるとされるが鏡全体もひずみがあり、やや不鮮明で全体の確認は困難。中央に阿弥陀如来、左に先手観音、右に薬師如来。
 経塚などの埋納物であったものが、何らかの経緯で法性寺に伝わったものと考えられる。(教育委員会評)
現地
 松ヶ島城下にあったと言われる隠れキリシタンの灯篭が中庭に移設されている。
感想
 曽原城も戦国の流れに翻弄された物語を持つ。遺跡は何一つなくなり地元の人でも城跡であったこと自体を知る人が少なくなってきている。
地図
『三重県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 柚原中世墓 | トップ | 城山城 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

古里の歴史」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL