人・企業・地域を元気に!いでっちの奮戦記

イデアパートナーズ㈱の井手修身(おさむ)の地域再生、観光地活性化に関する人・企業・地域の様々なエピソードを紹介する日記。

第16回 イデア塾 広瀬 敏通 さん 開催される。

2009年04月01日 | Weblog
魅力的な人との出会い、有益な情報との出会いから、
自分のIDEA(アイディア、理念、目的)を広げ、
GENKI(元気)を提供する第16回IDEA(イデア)塾が、
3月24日開催されました。

ゲストは、広瀬 敏通さん
NPO法人日本エコツーリズムセンター 代表理事であり、 
ホールアース自然学校 代表であります。
 
日本のエコツーリズムのパイオニア(創始者)であり、
「体験型観光」「環境教育」「エコツーリズム」の我国では第一人者です。

【テーマ】は
エコツーリズムで地域を、日本を元気にしょう!
 ~エコツーリズムから環境・エコと地域の在り方を探る~でした。

広瀬さんからは、アジア各地で個人NGOとして活躍された話しから、
ホールアース自然学校開設し、自然学校の草分けとして、国内外の
多くの地で自然学校の仕組み作りに関わられた話し、環境教育の人材育成、
地域つくりについて話されました。

エコツーリズムって何でしょうか? 

その問いに、自然の中での「エコツアー」という狭い旅行の枠ではなく、
環境と観光の持続的で調和ある発展、地域の誇りを再生する
「生き方と暮らし方」の実現、子どもの教育、自然との共生の
暮らし方といった、取組みであり、身近なことからできること。

キーワードは、地域の人との交流であり、
本物の資源の活用と還元
 ということでしょうか。

そして、何よりこれからは、水資源の大切さを強調されていました。

水資源を守り、活用することが、21世紀の日本の進む道であること
を実感しました。
 詳細は、田吾作さんのブログで紹介されています。
 http://tago39.jugem.jp/?day=20090326
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 文化の陶「四季舎」5周年 | トップ | 波佐見にできる 陶農レストラン »
最近の画像もっと見る

あわせて読む